一年中快適な家とは?その特徴を解説します!

「一年中快適な家に住みたい。」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
1日の多くの時間を過ごすこととなる自宅では、その快適さがより深く心身の健康に影響してきます。
そこで今回は、一年中快適な家づくりのポイントについて、またそのポイントの懸念点についてご紹介します。
□一年中快適な家づくりのポイントとは
皆さんは快適な家づくりのポイントをどのようにお考えですか。
家での生活を快適にする要因はたくさんあると思いますが、ここではその中でも特に重要な断熱性・気密性について解説します。
断熱性が高いと外気の熱が伝わりにくくなります。
熱が伝わりにくくなるメリットとして、夏は暑い外気の影響を受けにくく、冬は冷たい外気の影響を受けにくいため、室内の温度を一年中一定に保てます。
また、室内の熱も外部に伝わりにくいため少しの冷暖房で済みます。
気密性が高いと外部から空気が入ることを防ぎます。
もし、気密性が低いと外部からの風が家の内部に侵入してきてしまうため、せっかく内部の空気の温度を設定してもそれを保つことが難しくなってしまいます。
これらの理由から断熱性と気密性は非常に重要なのです。
以上が快適な家づくりのポイントについてでした。
□断熱性・気密性の懸念点とは
ここまで一年中快適な家づくりのポイントは断熱性・気密性にあることについて解説しました。
しかし、断熱性・気密性にもいくつかの懸念点があるのです。
そこでここでは、懸念点とその対策方法について解説します。
懸念点は大きく2つあり、結露と熱です。
まず結露は断熱材と柱の間の小さな隙間に、その温度差によってできることが多いです。
この結露はカビの原因となり、建物の劣化を促進します。
この対策方法として、室内の空気の湿気を換気することが有効となります。
湿気がなければ結露は発生しません。
次に熱は外の太陽の光によって生じるものです。
大きな南の窓を通して長時間室内に日光が当たると、室内の温度は上昇し、断熱性により、高温が維持されてしまいます。
対策方法として、日射を反射する窓を設置することが有効です。
以上が断熱性・気密性の懸念点とその対策法についてでした。
□まとめ
今回は、一年中快適に過ごせる家づくりのポイントについてご紹介しました。
快適な家づくりには断熱性・気密性が重要であること、またそこに生じる結露や暑さなどの懸念点とその対策方法ついて理解が深まったのではないでしょうか。
今回の情報を活用し、快適な家を建ててくださいね。

家づくりコラムカテゴリの最新記事