4人家族の家の広さはどれくらいが適切?マイホームをお考えの方必見です!

「4人家族で快適に過ごせる家の広さや間取りについて知りたい。」
このようにお考えの方はいませんか。
4人家族では子供が大きくなってくると、それに伴い家にも広さが必要ですよね。
そこで今回は、4人家族に必要な家の広さについて、また、おすすめな間取りについてご紹介します。
◻︎4人家族に適切な家の広さとは?
皆さんは4人家族にはどのくらいの広さが適切だとお考えでしょうか。
子供が大きくなってくると、どうしても家が手狭になってしまいます。
また子供たちの部屋も必要になりますよね。
国土交通省の調査によると、4人家族が快適な生活を送るための理想的な広さは、郊外の戸建ての場合125平米です。
さらに内訳を見ていくと、家族の団欒の場であるリビングの理想の広さは10〜14畳です。
しかし、1番重要なのは家族ごとの生活スタイルに適切な広さにすることです。
家族の生活スタイルを維持するために必要な部屋数などを考慮した広さが大事なのです。
以上が4人家族に適切な家の広さについてでした。
◻︎4人家族におすすめな間取りは?
これまで適切な広さについて解説しました。
快適な生活を送るには、家の広さと同じくらいその間取りも重要です。
そこで、ここではおすすめな間取りにについて
2LDK、3LDK、4LDKの3つにわけて解説します。
まず2LDKです。
2LDKと聞くと狭いイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。
しかし、家族によっては十分な広さの場合があります。
間取りは洋室2つとLDと、キッチンです。
洋室2つの使い方は兄弟共有の子供部屋と、夫婦共同の寝室となります。
子供が育った後は、空いた子供部屋を2人の趣味に使う部屋に変えるなどすると良いでしょう。
次に3LDKです。
3LDKは2LDKに洋室1つまたは和室1つを追加した広さとなっています。
そのため、増えた部屋を活用して子供部屋をそれぞれ別に作ったり、フリースペースを作ったりできます。
最後に4LDKです。
4LDKの最大のメリットとして、家族全員が個室を持てます。
以上がおすすめの間取りについてでした。
イメージが深まったのではないでしょうか。
ご自身の予算とも照らし合わせながら、適切な間取りや広さを決めていきましょう。
◻︎まとめ
今回は、4人家族におすすめな家の広さについて、また、おすすめな間取りについて解説しました。4人が快適に過ごすためにはどのくらいの広さにすべきか、さらに過ごしやすい間取りを決める際の工夫について理解が深まったのではないでしょうか。
今回の情報を活用し、素敵な家を建ててください。

家づくりコラムカテゴリの最新記事