子供部屋は作らない方が良いの?その疑問にお答えします!

「新居に子供部屋を作ろうか迷っている。」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
大きくなる子供に自分の部屋を与えるべきかでお悩みの方は多いのではないでしょうか。
そこで今回は、子供部屋を与えるデメリットについて、また、子供部屋は作らなくてもいいのかどうかについてご紹介します。
□子供部屋を与えるデメリットとは
皆さんはお子さんに子供部屋を与えるデメリットは何であるとお考えですか。
ここでは4つのデメリットについてご紹介します。
1つ目は親の監視が行き届かないことです。
子供への監視が行き届かないということは、子供の行動の管理が厳しくなることでもあります。
2つ目は掃除の負担が増加することです。
子供部屋を作るとその分、部屋が増加します。
その結果、掃除の負担も増えてしまうのです。
3つ目はあまり使われない場合もあることです。
子供の性格によっては、自分の部屋より、家族のいるリビングを好むこともあります。
そのような場合、子供部屋はあまり使われないままになってしまいます。
4つ目は子供が引きこもりがちになることです。
こちらも子供の性格によりますが、1人の空間を好む子供は部屋にこもりがちになります。
そのため家族とのコミュニケーションが希薄になってしまうことが考えられます。
以上が子供部屋を与える4つのデメリットについてでした。
□子供部屋はなくてもいいのか
ここまで子供部屋を与えるデメリットについてご紹介しました。
それらを踏まえて、結果的に子供部屋の有無はどのようにすればいいのでしょうか。
そこで続いては、子供部屋は作らなくてもいいのかについて解説します。
結論から言うと、子供のプライベートを確保できる空間は作るべきです。
デメリットもある一方で、子供が大きくなり思春期になるにつれ、自分の空間が必要になるでしょう。
そのような時、子供部屋が全くないとむしろ子供に悪影響を及ぼしかねません。
子供の自立心が育たなくなる可能性があります。
そのため、子供部屋は時間帯と目的に応じて使うことのできる空間にすべきなのです。
以上が子供部屋はなくてもいいのかについてでした。
□まとめ
今回は、子供部屋を作るかどうかについてご紹介しました。
子供部屋を作るとどのような不都合が生じるのかについて、また、子供部屋を作る際に考慮すべきことについて理解が深まったのではないでしょうか。
今回の情報を活用し、子供部屋について検討してみてください。

家づくりコラムカテゴリの最新記事