マイホームの購入年齢は?平均年齢や年収について解説します!

「マイホームを購入するのはどのくらいの年齢がいいのか。」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
マイホームは人生で最も大きい買い物の1つであるため、購入時期がとても重要ですよね。
そこで今回は平均年齢と平均世帯年収について、また、マイホームを建てる決め手についてご紹介します。
□購入者の平均年齢と平均世帯年収はどのくらいか
皆さんは平均年齢と平均世帯年収についてどのようにお考えですか。
あまりイメージがつかない方も多いのではないでしょうか。
そこでここでは購入者の平均年齢と平均世帯年収について解説します。
平均年齢では注文住宅の場合、最も多いのが30代で48.4パーセント、次に多いのが40代で25.0パーセントです。
分譲戸建住宅の場合は、最も多いのが30代で51.3%、次に多いのが40代で22.5パーセントです。
平均世帯年収では注文住宅の場合だと731万円(三大都市圏のみの場合791万円)、分譲戸建住宅の場合は641万円となっています。
さらに分譲マンションの購入者の平均は最も高い752万円となっており、中古戸建住宅の場合は最も低い628万円となっております。
以上が平均年齢と平均世帯年収についてでした。
□マイホームを建てる際の決め手とは
ここまで平均年齢と平均世帯年収について解説しました。
イメージが明確になったと思います。
では他の人たちはいったい何が決め手となり、マイホームを建てたのでしょうか。
いくつかの例をご紹介します。
1つ目は賃貸と購入の比較です。
賃貸でかかる料金として、家賃と更新料金があります。
購入では資金計画が重要となり、計画的なローンの返済が求められます。
これらを比較した上で購入の方がメリットが大きい場合、購入を検討することになります。
2つ目はライフスタイルの変化です。
子供ができるなどすると、家の必要なスペースが増えてきます。
そこで賃貸ではなくマイホームの購入が検討されることが多いようです。
3つ目は老後の変化です。
年を取ると、家の中で高齢者に対応した設備が必要になります。
このような設備を整えるには賃貸ではなく、マイホームの方が都合がよいでしょう。
以上がマイホームを建てた決め手についてでした。
□まとめ
今回は、マイホームを購入する年齢と他の人の体験談についてご紹介しました。
どの年齢で購入するのが適切かについて、また、他の人はどのような経緯で購入に至ったのかについて理解が深まったのではないでしょうか。
今回の情報を活用し、マイホームの購入時期を検討してみてください。

家づくりコラムカテゴリの最新記事