木造の家の寿命とは?長く住むためのコツについても解説!

「木造の家の寿命って何年くらいなのかな」
これから木造住宅を購入しようと考えている方は、家の寿命についても気になるのではないでしょうか。
そこで今回は、木造の家の寿命と長く住むためのコツについてもご紹介します。
□木造住宅の寿命
木造住宅の寿命はどのくらいなのでしょうか。
一般的に木造住宅の寿命は30年と言われています。
しかし、30年というのはあくまで目安の数値です。
住宅の構造やリノベーションによっては100年以上住める住宅もあります。
せっかく新しく住宅を購入するのであれば、できるだけ長く住める住宅にしたいですよね。
そのような方は、ぜひ以下のコツを参考にしてみてください。
□木造住宅に長く住むためのコツとは
ここでは、木造住宅で長く住むためのコツについて2つのポイントをご紹介します。
1つ目は、こまめな掃除です。
掃除が住宅の寿命に関係するはずがないと思われる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、掃除の重要度は高いです。
特に、経年劣化による影響を受けやすい水まわりの部分はこまめにチェックしておきましょう。
また、定期的に外周部の点検も行っておくことをおすすめします。
住宅の外周部は天候による影響を常に受け続けています。
そのため、やはり年月がたつことで、ひび割れや雨漏りなどが発生する場合もあります。
これらの現象を放置してしまうと、住宅としての正常な機能が発揮されません。
特に、ひび割れは住宅の防水機能を低下させるので、なるべく早く発見することが重要です。
そのため、早期発見につなげるためにも、こまめに掃除を行うことを覚えておきましょう。
2つ目は、メンテナンスとリフォームです。
こまめに掃除を行っていても、業者に依頼しないと難しい部分もあるでしょう。
そのような場合は、迷わずに業者に依頼してメンテナンスを行ってもらうようにしましょう。
メンテナンスをしてもらうことで、自分では気づかなかった部分も発見できるかもしれません。
また、より長く同じ住宅に住みたいという方は、リフォームを検討することもおすすめです。
リフォームによって古くなった部分を新しく修繕し、住宅の寿命を延ばせます。
□まとめ
今回は、木造の家の寿命に加えて長く住むためのコツについてもご紹介しました。
木造の家を購入しようと考えている方は、ご紹介した内容をもとに、できるだけ長く住める家を目指しましょう。
木造住宅に関して専門家と相談したいという方は、ぜひ一度当社にお問い合わせください。

家づくりコラムカテゴリの最新記事