注文住宅を検討中の方へ!快適な住空間を保つためのメンテナンスについて解説します!

「注文住宅を依頼したいけど、どのようにメンテナンスしたら良いかわからない。」
注文住宅を検討中で、このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
この記事では、住宅メンテナンスの重要性とメンテナンスを行う場所について時期別に詳しく紹介します。
□住宅メンテナンスの重要性とは
長い間快適な生活をするために、住宅メンテナンスは非常に重要です。
メンテナンスにより、住宅の寿命を長くできます。
ただし、一戸建て住宅を注文した方は、メンテナンス費について深く考える必要があります。
その理由は、マンションは共同で利用するために購入後に管理費・修繕積立金などがありますが、一戸建て住宅ではそれらがないからです。
経年劣化による修理や取り替えが必要になる時期はいつになりそうか、どれくらいの費用がかかりそうか予測して、計画的にメンテナンスの準備をし、住宅の寿命を長くしましょう。
□メンテナンスを行うべき場所を時期別に分けて紹介!
*築5年から10年
外壁には窯業系サイディングが使用されるケースが多いのですが、一般的にこの修繕時期は7年から13年です。
この寿命は目安であり、清掃のようにメンテナンスを行うことで耐用年数は変動します。
窯業系サイディングとは、窯業系セメントを原料としており、耐火性、耐震性、遮音性の効果があります。
内装では、壁や天井に貼る内装材に汚れや変色が生じやすい時期なので、洗剤を含んだふきんなどで掃除することで住宅の劣化を遅らせることが可能です。
*築10年から15年
この時期は、設備機器や給排水管などの更新時期と言われています。
それに加えて、注文住宅や窯業系サイディングを使用した外壁はシーリングの劣化やタイルの剥がれなどが目立ち始めます。
内装においても、壁や天井に貼る内装材に経年による色の変化が現れる時期ですので、貼り変える必要があります。
*築15年から20年
この時期になると設備機器や空調機器が悪くなっていることが多く、住宅の多くの部分で入れ替えを検討する時期となります。
必要な修繕を全て行うと修繕費用が高くなるため、より重要な修繕は何かを見極め、劣化が目立つ部分のみに修繕することをおすすめします。
以上のように時期による住宅の劣化について紹介しました。
日々のメンテナンスによって取り替えや修繕を遅らせられるため、清掃のようなメンテナンスは定期的に行いましょう。
□まとめ
今回は、住宅のメンテナンスについて、その重要性とメンテナンスを行う場所を時期別に解説しました。
注文住宅を検討中で住宅のメンテナンスについてお悩みの方はこの記事を参考にし、注文住宅の寿命を長くしましょう。

家づくりコラムカテゴリの最新記事