注文住宅の購入を検討中の方へ!インテリアを決めるためのポイントを解説します!

注文住宅の依頼をお考えで、インテリアについてお悩みの方はいらっしゃいませんか。
インテリアは住宅の空間を彩るため、注文住宅を検討する際にインテリアを決めることが大切です。
この記事では、インテリアを決めるためのポイントとインテリアコーディネーターに依頼するタイミングについて解説します。

□インテリアを決めるための4つのポイントとは

1つ目は、空間の主役を決めることです。
ソファーやテーブルのように、その部屋の空間で何を主役にしたいかを定めましょう。
そしてその主役のインテリアを生かすために、主役のインテリアと他のインテリアのバランスが良い間取りや配置を考える必要があります。
注文住宅を建てる際はどうしてもたくさんのインテリアを部屋の中に詰め込みたくなりますが、優先順位をつけ、シンプルな空間を心がけましょう。

2つ目は、収納です。
見せたいものと見せたくないものを分け、空間のバランスを保てるように収納を考えましょう。
空間をすっきりと見せるためには、収納棚や収納扉を目立たせないように床や壁と同じ色にすることがおすすめです。

3つ目は、色の決め方と効果です。
色選びは空間づくりの中でも非常に重要です。
部屋をどのように利用するのか、その部屋では何をして過ごすのかを想像しながらインテリアの色を選びます。
インテリアの主役を引き立てる空間にすることを心がけましょう。

そのためには、床や壁、天井の色を決めることが大切です。
これらは部屋に占める面積が多いため、色によって部屋の雰囲気が大きく変わります。
色は面積が大きくなると明るい色はより明るく、暗い色はより暗く見えるため、部屋の雰囲気づくりに床や壁、天井を上手に活用しましょう。

4つ目は明かりや照明です。
部屋を照らす照明も大切ですが、まずは自然光を取り入れる窓について考えるのがインテリアの基本です。
窓の大きさや形、そこから見える風景によっても部屋の印象は大きく変化します。
そのため、窓を考えた後に部屋を照らす照明の種類を検討しましょう。

□インテリアコーディネーターに依頼するタイミングとは

インテリアコーディネーターに依頼するタイミングは、早ければ早いほど良いです。
その理由は、早い段階から相談することで収納や間取り、内装の仕上げ材にも相談に乗ってくれるからです。
より早くから依頼することで様々な相談ができるため、自分の憧れの空間づくりが実現しやすくなります。
また、注文住宅が建ち、間取りや内装の仕上げも決まってから依頼する場合は、カーテンや家具、小物などの相談をインテリアコーディネーターにすることとなります。

□まとめ

今回は、インテリアを決めるためのポイントとインテリアコーディネーターに依頼するタイミングについて詳しく紹介しました。
全て終わった後で後悔しないために、インテリアのバランスはとても大切になります。
注文住宅を理想の空間にするようにぜひ参考にしてください。

PageTop