新築のキッチンで後悔しないために!決め方のポイントをご紹介!

家事を行う方にとって、キッチンは毎日使う場所です。
そのため、毎日使うキッチンでの移動はなるべく楽にしたいですよね。
そこで今回は、新築を建てる際にキッチンでの無駄な移動を減らすためにはどうすれば良いのか、キッチン設計の際の注意点を解説していきます。

□キッチンは家事動線を意識して設計するようにしましょう!

新築でキッチンを設計する際の重要な決め方が、家事動線を意識するということです。
食器棚・冷蔵庫・食器洗浄機など、キッチンスペースに必要なものをどう配置するか、事前によく考えるようにしましょう。
考える際には、自分が実際に調理する際にどのように移動するのかを検討すると良いですね。

システムキッチンは、キッチンスペースに合うものなのか、食器棚・冷蔵庫・食器洗浄機などを置くスペースはあるかを確かめながら、どのように配置したら自分が過ごしやすいかを考えて設計するようにしましょう。

□キッチン設計での注意点とは?

キッチン設計で注意すべきことが、収納・ゴミ箱・コンセントの位置に気をつけることです。
それぞれについて具体的に解説していきます。

*収納スペースに気をつける

スプーン・フォーク・計量カップ・鍋など、料理の際には様々な器具が必要になってきます。
これらの収納スペースは、事前に確保するようにしましょう。
他にも、冷蔵庫に入れなくても良い食品を収納するためのスペースも作ると便利ですね。

*ゴミ箱置き場も決めておく

キッチンペーパーで拭いた際のゴミや食品を取り出す際に出るパッケージのゴミを捨てるために、キッチンの近くにはゴミ箱が必要になってきます。
実際にゴミ箱を配置した際に、移動時の邪魔になってしまったということがないように気をつけましょう。

*コンセントの決め方にも注意する

電子レンジや冷蔵庫は、コンセントから届く範囲でなければ配置できません。
コンセントの位置によって配置が決まるとも言えるので、慎重に考えましょう。
ウォーターサーバーや炊飯器、食器洗浄機など、自分の必要に応じてどれだけのコンセントが必要なのかも把握して決めることをおすすめします。

□まとめ

今回は、新築でのキッチンの決め方について、キッチン設計の注意点について紹介しました。
特に、収納やゴミ箱やコンセントの位置を考えて、使いやすいキッチンを設計しましょう。
当店では、「お客様にとって必要な家」をご提供することに尽力しております。
何かお困りごとがございましたらぜひお気軽にご相談ください

家づくりで自然素材をお考えの方へ!自然素材の特徴をご紹介します!

自然素材の家づくりをお考えの方にぜひ知っていただきたいことが、自然素材の特徴についてです。
そこで今回は、漆喰や無垢材のメリットとデメリット、「自然素材の家づくり」で起きる失敗例と対策を紹介していきます。

□漆喰や無垢材のメリットとデメリットをご紹介!

*漆喰のメリットとデメリットとは

漆喰の壁は、湿度を調整してくれる効果があります。
そのため、梅雨の時期のじめじめとした空気や冬期の乾燥を防げます。

他にも、漆喰は燃えない素材なので、防火の対策も行えます。

また、漆喰を塗った壁は徐々に硬くなっていきます。
そのため、劣化しにくく、見た目が塗りたての頃とほとんど変わらないことも魅力的です。

しかし、漆喰にもデメリットがあります。
それは工程が多いということです。
一般に使われているビニールクロスの施工より、工期が長く、工費も割高になってしまいます。
さらに、ひび割れしやすいというデメリットもあります。

*無垢材のメリットとデメリットとは

無垢材には、断熱や保温効果があります。
そのため、年間を通して快適に過ごすことができます。
また、無垢材には、ダニやカビの発生を抑える効果があります。
そのため、部屋を清潔に保てますね。

そして、漆喰と同様に湿度を調整してくれる効果も持ち合わせています。

デメリットとしては、天然の木材のため、乾燥により変形や変色してしまう点です。
しかし、十分に乾燥させて使用することである程度防ぐことができます。
また、自然素材なので、色にばらつきがあることは心に留めておきましょう。

□「自然素材の家づくり」で起きる失敗例と対策をご紹介!

「日々触ることが多いスイッチやドア周辺で、キズが目立ちやすくなってしまった」
このような失敗例があります。
その際の対策としておすすめなのが、床から腰高程度に張る別仕上げの壁である腰壁パネルで保護することです。

「自然素材でフローリングを作ったら、キズがたくさんついてしまった」
このような失敗例もよく聞きます。
その際には、なるべくキズが付きにくい自然素材を選びましょう。
自然素材は、種類によって表面の硬さ異なってきます。

□まとめ

今回は、漆喰や無垢材のメリットとデメリット、「自然素材の家づくり」で起きる失敗例と対策を紹介しました。
当社は、床、壁、天井で自然素材を使用しているため、住宅の性能には自信があります。
自然素材だけではなく、ニーズにあった住宅を提供することにも力を注いでいます。
お困りごとがある際はぜひご相談ください。

防犯対策はどうすればいい?注文住宅をお考えの方に向けてご紹介します!

新しい家に住むなら、安心安全に暮らしたいですよね。
その際、防犯対策が重要になってきますが、どのような点に気を付ければ良いのか分からないといった方は多いのではないでしょうか。
そこで今回は防犯対策について詳しくご紹介します。

□空き巣に狙われやすい環境をご紹介

しっかりとした防犯対策をするためには、空き巣に狙われやすい環境について知っておく必要があります。
ここではその環境をいくつかご紹介します。

まず、遮蔽物が多く見通しが悪いような場所が挙げられます。
庭に木を植える予定のある方や、高い塀やフェンスを設置される予定のある方は特に注意が必要です。

「高い遮蔽物があれば侵入しにくいのでは」と思われる方は多いと思います。
もちろん、侵入は難しいのですが、一度侵入してしまえば外部からの視界が遮断されるので犯行が容易になります。
意外にも狙われやすい環境であるため注意しておきましょう。

加えて、袋小路になっているような視界の悪い環境も同様の理由から危険があります。
狙われやすい環境に住宅を建てられる際はしっかりと防犯対策をしておきましょう。

次に公園が近くにある場所が挙げられます。
こちらも意外に思われる方が多いかもしれません。

一般的に、空き巣の犯行前は物件の下見が行われると言われています。
もし住宅の近くに公園があれば、特に不審がられることなく長時間周辺の環境を調べられますよね。
そのため、注意が必要な環境と言えるでしょう。

□やっておきたい防犯対策についてご紹介

先ほどは狙われやすい環境についてご紹介しました。
先ほどご紹介したような環境に家を建てられる方は、特に防犯対策に注意を払う必要があります。
ここでは、やっておきたい防犯対策をご紹介します。

1つ目は窓の対策です。
空き巣の侵入経路として多いのは窓からの侵入です。
戸締りに気を付けるのは当然のことですが、住宅を建てられる際に窓の配置についてよく検討しておくことをおすすめします。

特に、大きな掃き出し窓を設置される際は、周囲からの見通しが良く、住宅の敷地内を通らないと侵入できない場所に設置すると良いでしょう。
また、割れにくい加工が施されたガラスを使用するのもおすすめです。

そして、お風呂場やトイレのようなあまり人の目につかない場所に配置された箇所の窓は、格子を設置しておくことで侵入を防げる可能性があります。
場所によってそれぞれ工夫をしておきましょう。

2つ目は外回りの環境です。
視界の悪い環境であれば、カーポートの屋根やエアコンの室外機などを足掛かりとして、堂々と2階から侵入するケースも想定されます。
設計の段階でここまで意識される方はほとんどいらっしゃいませんが、なるべく足掛かりとならないような工夫をしておくことをおすすめします。

また、外回りの対策として砂利を敷き詰めるのは非常に効果的です。
砂利が敷いてある箇所を歩くと、大きな足音がしてしまいますよね。
加えて、人が近づくと光るセンサーライトも効果的です。
家に近づき辛い印象を与えるだけでも、防犯対策として効果的ですのでぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

□まとめ

今回は注文住宅をお考えの方に向けて、防犯対策についてご紹介しました。
本記事が、注文住宅をこれから建てられる方の参考になれば幸いです。

注文住宅をお考えの方へ!ワークスペースについて解説します!

リモートワークを行う企業が増えた結果、家で働く環境を整えなければならなくなった方は多くいらっしゃいます。
新しく家を建てられるのであれば、仕事ができる環境をしっかり整備しておきたいところです。
そこで今回は、集中して仕事をするためのワークスペースについて解説します。

□ワークスペースとは何か

そもそもワークスペースとは一体何なのでしょうか。
その名の通り、「仕事をする場所」としての活用法が主な用途です。

ただ、パソコンで調べごとをしたり、勉強をしたりとさまざまな用途があります。
書斎というと個室のタイプが多いですが、ワークスペースであればオープンタイプや半個室など、様々なかたちで住宅に取り入れられます。

ワークスペースのメリットとしては、趣味や仕事の作業に集中できること、オン・オフの切り替えがしやすくなることが挙げられます。
また、仕事専用のスペースを作っておけば、食事の際にいちいち場所を移したり片付けたりする必要がなくなるのでおすすめです。

最近ではリモートワークが増加しており、住宅内で仕事をされる方が多くいらっしゃいます。
そのような場合でもワークスペースがあれば周囲を気にすることなく仕事に集中できるでしょう。

□ワークスペースを設ける際のポイント

先ほどはワークスペースとは何なのかについてご紹介しました。
ただ、ワークスペースを設ける際にはいくつか気を付けておきたいことがあります。
そこでここからはワークスペースを作る際のポイントを紹介します。

まず、パソコンでの作業を想定されている方は、パソコンやその周辺機器が置けるスペースを確保する必要があります。
また、パソコンを使う場合は電源が必要となりますし、プリンターや無線ルーターといったようにコンセントが必要になる周辺機器が多いです。
そのため、コンセントの位置や数も確認しておきましょう。

次に、ワークスペースのデスクや椅子は長時間利用しても疲れにくいものを選ぶようにしましょう。
自分の身体に合ったものを選ぶことで、作業により集中できます。
できれば、事前にデスクの高さや座り心地などを実際に確認しておくことをおすすめします。

以上がワークスペースを作る際に考えておきたいポイントになります。
快適に仕事をするためにも、これらのことに注意して考えるようにしてみてくださいね。

□まとめ

今回は注文住宅をお考えの方に向けて、ワークスペースについて解説しました。
リモートワークが増加傾向にあるため、これから家を建てられるならばワークスペースは設けておきたいところです。
その際は、ぜひ今回ご紹介した内容を参考にしてみてくださいね。