注文住宅の窓の配置の決め方について詳しくご紹介します!

快適な家を実現するためには、風通しに配慮する必要があります。
その時重要になってくるのが「窓」です。
ただ、窓はそれほど重要視されることがないため、窓について深く考えたことのある方は少ないのではないでしょうか。
そこで今回は、快適な暮らしを実現するための窓の配置の決め方をご紹介します。

□窓の配置について

窓の配置には基本的な考え方があります。

まず、住宅の風通しを良くするためには1つの部屋に最低でも2つ以上の窓が必要になります。
窓が1つしかなければ、風が入ってきたとしても風の通り道がないため、空気がうまく循環しません。
そのため、室内に風の通り道を作る場合は、窓を向かい合わせの形にして設置することをおすすめします。

ただ、周辺の環境や間取り、立地条件によっては、向かい合わせに窓を作るのが難しい場合もありますよね。
特に住宅が密集しているような地域であると、大きな窓を設置するのはプライバシーや防犯の観点から難しいことがよくあります。

このような場合は、空気を通すための小さな窓の取り付けを検討してみてはいかがでしょうか。
例えば、細長い片開きの窓であれば、外部の視線をそれほど気にすることなく空気の通り道を作れます。

次に、方向について考えておきましょう。
日本では夏に南寄りの風が吹き、冬に北寄りの風が吹くと言われています。
風を取り入れる際はこのようなことも考慮して配置を決めていきましょう。

ただ、周囲の建物によって風向きが変わることもあるため、立地によって適切な配置が異なります。
お困りの際は、当社のような住宅会社にぜひ一度ご相談ください。

□窓の配置で失敗しないためのポイント

窓の配置で失敗しないためには、先ほどご紹介したことに加えて、注意しておきたいポイントが存在します。

まず、暮らしのイメージを具体化させておくことが挙げられます。
実際に住み始めてみないと分からないこともたくさんありますが、事前にしっかりと考えておくことが重要です。
すでに暮らしている住宅での風通しや採光の良かった点や不満点を踏まえて、新しい住宅の窓の配置を考えていきましょう。

次に、住宅会社とよく相談しておくことが挙げられます。
ここまでポイントについてご紹介しましたが、初めての場合一人で全てのことを完璧に考えるのは困難です。

そこで、住宅のプロである住宅会社にアドバイスを求めれば、より良い住まいを実現できる可能性がグッと高まります。
ぜひお気軽にご相談ください。

□まとめ

今回は注文住宅をお考えの方に向けて、窓の配置の決め方について詳しくご紹介しました。
快適な暮らしを実現するためには、窓の配置が非常に重要です。
当社では、お客様のライフスタイルに合わせた住宅を実現いたします。
暮らしやすい住宅を作りたいとお考えの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

PageTop