自然素材で注文住宅を建てませんか?メリットを紹介します

最近話題の自然素材の家を建ててみませんか。
自然素材の家の特徴は、化学物質を含んでいない素材で建てた家ということです。
この記事では注文住宅をお考えの方に向けて自然素材のメリットを解説します。

□自然素材の家のメリットとは

*独自のデザインや意匠性を楽しめる

無垢材の床や漆喰・珪藻土の壁などの素材特有の美しい見た目は、自然素材ならではの意匠性を感じさせます。
どんな種類の無垢材を使うか、また塗り方や色によっても家のデザインや雰囲気は大きく異なりますので、それも楽しめるでしょう。

*健康的な暮らしができる

自然素材の家であれば、シックハウス症候群を引き起こしうる化学物質が発生しないというメリットがあります。
アトピーやアレルギー持ちのお子様のいる方には、自然素材の家を検討することをおすすめします。

*自然素材の機能で快適に暮らせる

無垢材の床は暖かいですし、スギやヒノキなどの柔らかい無垢材であると膝への負担がかかりにくいメリットがあります。
珪藻土は消臭機能と調湿機能が備わっており、漆喰は消臭機能に加えカビが発生しにくいというメリットがあります。
このように自然素材は生活に便利なさまざまな機能があるので快適に暮らせます。

□自然素材の家を建てる時の注意点をご紹介!

健康的で快適な住まいが実現する自然素材の家ですが、建てる時には注意しておくべきポイントがあります。
ここでは2点の注意点をご紹介します。

1点目はこだわりに応じて費用が上がることです。
例えば、同じ産地のスギでも節目があるかないかで価格に多少の変化があります。
また一般的には安価な輸入材の物でもウォールナットやマホガニー、チークなど良質な自然素材は輸送費も考えると高価な物が多いです。
お考えの予算に対してどこまでこだわるか最初にはっきりと決めておきましょう。

2点目は自然素材を適材適所に導入する必要があることです。
自然素材だからと言って何から何まで自然素材にしてしまうのは良くないです。
木材を多用するため建物の構造上隙間ができやすく、気密性や断熱性に問題が生じます。
また、自然素材は湿度で大きさが変わることもあれば、湿気で腐食してしまうこともあるので毎日のお手入れが必須になります。
適材適所に自然素材を取り組むことではじめて住みやすい家ができるのです。

□まとめ

今回は自然素材の家のメリットについて解説しました。
注文住宅をお考えの方はこの記事を参考にして自然素材の快適な家をつくってみませんか。
自然素材に関してご質問がありましたらお気軽にご連絡ください。