注文住宅の窓の配置の決め方について詳しくご紹介します!

快適な家を実現するためには、風通しに配慮する必要があります。
その時重要になってくるのが「窓」です。
ただ、窓はそれほど重要視されることがないため、窓について深く考えたことのある方は少ないのではないでしょうか。
そこで今回は、快適な暮らしを実現するための窓の配置の決め方をご紹介します。

□窓の配置について

窓の配置には基本的な考え方があります。

まず、住宅の風通しを良くするためには1つの部屋に最低でも2つ以上の窓が必要になります。
窓が1つしかなければ、風が入ってきたとしても風の通り道がないため、空気がうまく循環しません。
そのため、室内に風の通り道を作る場合は、窓を向かい合わせの形にして設置することをおすすめします。

ただ、周辺の環境や間取り、立地条件によっては、向かい合わせに窓を作るのが難しい場合もありますよね。
特に住宅が密集しているような地域であると、大きな窓を設置するのはプライバシーや防犯の観点から難しいことがよくあります。

このような場合は、空気を通すための小さな窓の取り付けを検討してみてはいかがでしょうか。
例えば、細長い片開きの窓であれば、外部の視線をそれほど気にすることなく空気の通り道を作れます。

次に、方向について考えておきましょう。
日本では夏に南寄りの風が吹き、冬に北寄りの風が吹くと言われています。
風を取り入れる際はこのようなことも考慮して配置を決めていきましょう。

ただ、周囲の建物によって風向きが変わることもあるため、立地によって適切な配置が異なります。
お困りの際は、当社のような住宅会社にぜひ一度ご相談ください。

□窓の配置で失敗しないためのポイント

窓の配置で失敗しないためには、先ほどご紹介したことに加えて、注意しておきたいポイントが存在します。

まず、暮らしのイメージを具体化させておくことが挙げられます。
実際に住み始めてみないと分からないこともたくさんありますが、事前にしっかりと考えておくことが重要です。
すでに暮らしている住宅での風通しや採光の良かった点や不満点を踏まえて、新しい住宅の窓の配置を考えていきましょう。

次に、住宅会社とよく相談しておくことが挙げられます。
ここまでポイントについてご紹介しましたが、初めての場合一人で全てのことを完璧に考えるのは困難です。

そこで、住宅のプロである住宅会社にアドバイスを求めれば、より良い住まいを実現できる可能性がグッと高まります。
ぜひお気軽にご相談ください。

□まとめ

今回は注文住宅をお考えの方に向けて、窓の配置の決め方について詳しくご紹介しました。
快適な暮らしを実現するためには、窓の配置が非常に重要です。
当社では、お客様のライフスタイルに合わせた住宅を実現いたします。
暮らしやすい住宅を作りたいとお考えの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

おしゃれな外観にするためには?注文住宅をお考えの方必見です!

新しく住宅を建てるのであれば、おしゃれな住宅にしたいですよね。
特に他の方からも見られる箇所と言えば、外観です。
ただ、内装に比べて、外観をおしゃれにするためのコツはあまり知られていません。
そこで今回は、外観をおしゃれにするためのポイントを詳しく紹介します。

□外観をおしゃれにするためのポイント

住宅の外観の印象を決めるポイントがいくつかあります。
ここでは、そのポイントについて解説します。

1つ目に挙げられるのは家の形状です。
例えば、シンプルな形状の住宅はすっきりとするため、スタイリッシュな印象を与えられます。
一方で、デザインの凝った形状は豪華な印象を与えられます。
これらの形状は、住宅を和風にするか洋風にするかによっても大きく変わってきます。

また、建物の角の数でも印象は変わってきます。
例えば、L字型やコの字型のように角の多い形状の住宅は個性的な印象を与えられます。

2つ目に挙げられるのは窓の形です。
窓は採光や風通しといったような機能的な意味を持っていると同時に、外から見た時の印象を変える働きがあります。
窓枠のデザインや、窓の形状で外からの見た目が大きく変わります。

3つ目に挙げられるのは外壁の色です。
住宅を外から見た際に最も広い面積を占めるのは外壁ですよね。
そのため、外壁の色は外観の印象に大きな影響を与えます。

例えば、白系の色であれば明るく清潔感のある印象を与えられます。
グレーであれば、上品で落ち着いた印象を与えられます。

外観について考えられる際はぜひこれらのポイントに注意して考えるようにしてみてくださいね。

□外観のトレンド

先ほどはおしゃれな外観にするためのポイントを紹介しました。
ここからは、最近どのようなデザインが主流なのかについてご紹介します。

最近主流となっているのは、シンプルモダンな住宅です。
シンプルなデザインは主張が強くないため、他の住宅とデザインが被っていると思われることが少ないです。

ファッションであっても、個性的な柄の服のデザインが被ると目立ってしまいますが、シンプルな無地の服であれば被っていてもあまり気になりませんよね。
そのため、住宅街のような家同士が密集しているエリアで選びやすい外観デザインと言えます。

また、シンプルなデザインはどのような時代であっても安定して選ばれるため、流行が変わっても「時代遅れ」といったようなことにはなりません。
それゆえに、飽きにくく、長く愛される住宅になると言えるでしょう。

□まとめ

今回は外観をおしゃれにするためのポイントを詳しく紹介しました。
外観をおしゃれにしたい方は今回ご紹介したポイントをぜひ参考にしてみてくださいね。
当社ではお客様のご要望に合わせた家づくりを心がけております。
注文住宅にご興味のある方は、ぜひお気軽にご相談ください。

自然素材で注文住宅を建てませんか?メリットを紹介します

最近話題の自然素材の家を建ててみませんか。
自然素材の家の特徴は、化学物質を含んでいない素材で建てた家ということです。
この記事では注文住宅をお考えの方に向けて自然素材のメリットを解説します。

□自然素材の家のメリットとは

*独自のデザインや意匠性を楽しめる

無垢材の床や漆喰・珪藻土の壁などの素材特有の美しい見た目は、自然素材ならではの意匠性を感じさせます。
どんな種類の無垢材を使うか、また塗り方や色によっても家のデザインや雰囲気は大きく異なりますので、それも楽しめるでしょう。

*健康的な暮らしができる

自然素材の家であれば、シックハウス症候群を引き起こしうる化学物質が発生しないというメリットがあります。
アトピーやアレルギー持ちのお子様のいる方には、自然素材の家を検討することをおすすめします。

*自然素材の機能で快適に暮らせる

無垢材の床は暖かいですし、スギやヒノキなどの柔らかい無垢材であると膝への負担がかかりにくいメリットがあります。
珪藻土は消臭機能と調湿機能が備わっており、漆喰は消臭機能に加えカビが発生しにくいというメリットがあります。
このように自然素材は生活に便利なさまざまな機能があるので快適に暮らせます。

□自然素材の家を建てる時の注意点をご紹介!

健康的で快適な住まいが実現する自然素材の家ですが、建てる時には注意しておくべきポイントがあります。
ここでは2点の注意点をご紹介します。

1点目はこだわりに応じて費用が上がることです。
例えば、同じ産地のスギでも節目があるかないかで価格に多少の変化があります。
また一般的には安価な輸入材の物でもウォールナットやマホガニー、チークなど良質な自然素材は輸送費も考えると高価な物が多いです。
お考えの予算に対してどこまでこだわるか最初にはっきりと決めておきましょう。

2点目は自然素材を適材適所に導入する必要があることです。
自然素材だからと言って何から何まで自然素材にしてしまうのは良くないです。
木材を多用するため建物の構造上隙間ができやすく、気密性や断熱性に問題が生じます。
また、自然素材は湿度で大きさが変わることもあれば、湿気で腐食してしまうこともあるので毎日のお手入れが必須になります。
適材適所に自然素材を取り組むことではじめて住みやすい家ができるのです。

□まとめ

今回は自然素材の家のメリットについて解説しました。
注文住宅をお考えの方はこの記事を参考にして自然素材の快適な家をつくってみませんか。
自然素材に関してご質問がありましたらお気軽にご連絡ください。

注文住宅に書斎をつくりませんか?ポイントを紹介します

「リモートワークが多くなったので家でも仕事しやすい環境が欲しい」
「おうち時間が多くなったけど自分のことに集中できる場所がない」
このようにお考えの方が多いのではないでしょうか。
そのような時におすすめなのが書籍です。
そこで今回は、注文住宅で書籍を作るメリットと注意点をご紹介します。

□住宅に書斎をつくるメリットをご紹介

そもそも書籍とは、住宅における本を読んだり文章を書いたりする場所のことです。
現在ではリモートワークでの職場として利用されている方が多いでしょう。
ここでは、最近注目されている書籍を注文住宅で作るメリットを三つご紹介します。

一つ目のメリットは、個人の空間でリラックスできる点です。
家に帰ってきても、家族がいるので本当に1人になることは少ないかもしれません。
書籍があると、完全な個人の空間を作れます。

二つ目のメリットは、自分の趣味や仕事の途中でも放置したままにできる点です。
家族共有のスペースだと、作業の途中でも片付けなければならないことが多いかもしれません。
しかし、書籍を作ればそのような問題も無くなります。
作業をすぐに再開でき、効率よく終わらせられるでしょう。

三つ目は、仕事の重要な書類を子供に触らせない点です。
お子様がおられる家庭では、仕事の書類をむやみに机の上においておけないと思います。
そのような際に、書籍があれば安心して置いておけます。

□ 書斎を作る際の注意点をご紹介

上記では、書籍のメリットをご紹介しましたが、作るに際して注意しなければならない点もあります。
ここでは、その注意点を二つご紹介します。

*ちょうど良い広さにすること

一つ目は、「広さ」です。
書籍の広さは、使用目的に応じて設計するのが重要です。
個室の書籍の場合、3畳以上あれば収納と作業スペースを十分確保できるでしょう。

*家の中でどこに配置するのが良いかを考えること

完全な個室タイプにする場合は、周りから干渉されることはほぼないので問題ありません。
しかし、半個室などのタイプは、用途によってどこに配置するかが使いやすさを左右します。
家族との距離感やアクセスの良さなどを考えて配置するのが良いでしょう。

□まとめ

今回は、注文住宅で書籍を作るメリットと注意点をご紹介しました。
リモートワークが多くなった今、書籍のような自宅でも仕事に集中できる環境はとても重要だと思います。
今回の記事で、注文住宅を建てる際には書籍を作ろうと考える方がいらっしゃれば幸いです。