注文住宅で子供部屋を作ろうとお考えの方へ!ポイントを紹介します

注文住宅をお考えの方で子供部屋のイメージにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
子供部屋は子供が成長していく重要な環境となりますから大事に考えたいですよね。
この記事では子供部屋の間取りを考える時のポイントについて解説します。
ぜひ参考にしてみてください。

□見落としがちなポイントとは

子供部屋を考える時、基本は子供にどう過ごしてほしいのかを考えて設計すると良いです。
しかし将来の事を考え、子供の目線になって考えないと意外と見落としてしまうポイントもあります。
ここでは意外と見落としてしまいがちなポイントを2つご紹介するので、意識してみてください。

1つ目は子供が増えた時に部屋が狭くならないか考えておきましょう。
子供が増えることを想定していない間取りでは、もし子供が増えた場合に困ってしまいますよね。
そのためにも子供は何人欲しいのか、別の部屋を子供部屋に変えられないかを予め考えて決めておくと良いでしょう。

2つ目はおしゃれにするあまり集中できない環境にしてしまうことです。
子供を喜ばせようとした結果、つい遊びたくなってしまうような誘惑の多い環境にしてしまうと、子供が勉強に集中して取り組まなくなることもあるでしょう。
遊び道具はほどほどに用意するのが良いです。

□子供部屋の間取りを考えるポイントとは

ここでは子供部屋の間取りを考えるポイントについてご紹介していきます。

一般的に子供部屋は6畳の部屋があれば良いと言われています。
6畳の部屋に効率よく本棚や勉強机、ベッドなどを置くので部屋の凸凹にうまく合わせて配置を考えることが重要です。
あまり広くすると快適になりすぎて子供が部屋に引きこもる場合もありますので、程良い広さが一番です。

逆に未就学児が2人いる場合は子供部屋を広くとると良いかもしれません。
今まで同じ部屋だった子供たちでも、成長していくと自分の部屋を持ちたくなりますよね。
その時に子供部屋が広いと簡単に壁で仕切ることができるのでおすすめします。

他にも玄関から子供部屋までの動線も意識しておきたい点です。
子供が帰宅した後にリビングを経由して子供部屋に入るようにしておけば、必ず親と顔を合わせるようにできるので自然に会話も増えるでしょう。
家族でのコミュニケーションを大事にしたいご家庭はぜひ動線を意識してみてください。

□まとめ

今回は子供部屋の間取りを考える時のポイントについて解説しました。
子供部屋の間取りを考える時はぜひご紹介したポイントを考えてみましょう。
この記事を参考にしていただければ幸いです。