注文住宅をお考えの方へ!トラブルについて紹介します

注文住宅の購入をお考えの方はいらっしゃいませんか。
注文住宅を建てる際には、事前にどのようなトラブルが起こるのか知っておいた方が良いです。
事前にどのようなトラブルのかを把握し、防ぐことが重要です。
そこで今回は、注文住宅を建てる際に起こりやすいトラブルとその解決策をご紹介します。

□ 注文住宅を建てる際に起きるトラブルを紹介

注文住宅を建てる際に、業者との間でトラブルが発生することがあります。
トラブルが起こってしまうと、せっかくの新居でも気持ち良くないですよね。
ここでは、どのようなトラブルが起こるのか具体的にご紹介します。

*着工から引き渡しまでの期間が遅れる

打ち合わせの段階で契約書に、着工日から引き渡し日までが記載されているため、その計画通りに作業を進める必要があります。
基本的に、施工にかかる時間は4ヶ月です。
しかし、悪天候や予期せぬトラブルが起こると工期が長引いてしまう可能性があります。

このような事態がない限りは、予定通り進められますが、進んでいないと思ったら担当者に話してみると良いでしょう。

*打ち合わせや図面と仕上がりに異なる部分がある

実際にあってはならないことですが、かなり珍しいケースで起こるようです。
本来は、依頼主との合意がなければ変更してはいけません。
この場合は、業者選びの際に悪徳業者を選ばないように見極める必要があります。

*施工ミスや機能の不具合

夢のマイホームが完成して住んでみると、気になる箇所が出てくる可能性があります。
壁や床の傷や壁紙のずれ、汚れなどが考えられます。
これらは、暮らしてしまうとどちらがつけたものかわからなくなるため、引き渡しの際にしっかりと確認しておくことをおすすめします。

□トラブルの回避方法を紹介

ここでは、トラブルを事前に避けるための方法をご紹介します。
トラブルを避けるために最も有効と言えるのは、普段からコミュニケーションを取ることです。
頻繁に、話をしていると工事の進み具合や気になる点をその場で確認できます。
また、早めに対処することで後々大きなトラブルになることも避けられるでしょう。

□まとめ

今回は、注文住宅を建てる際に起こりやすいトラブルとその解決策をご紹介しました。
トラブルには、「工期が遅れる」「イメージと完成物が違う」などがあります。
これらは、日々コミュニケーションをとっておくことで防げます。
当社は、お客様に満足していただけるよう活動しています。
是非ご検討ください。

注文住宅で子供部屋を作ろうとお考えの方へ!ポイントを紹介します

注文住宅をお考えの方で子供部屋のイメージにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
子供部屋は子供が成長していく重要な環境となりますから大事に考えたいですよね。
この記事では子供部屋の間取りを考える時のポイントについて解説します。
ぜひ参考にしてみてください。

□見落としがちなポイントとは

子供部屋を考える時、基本は子供にどう過ごしてほしいのかを考えて設計すると良いです。
しかし将来の事を考え、子供の目線になって考えないと意外と見落としてしまうポイントもあります。
ここでは意外と見落としてしまいがちなポイントを2つご紹介するので、意識してみてください。

1つ目は子供が増えた時に部屋が狭くならないか考えておきましょう。
子供が増えることを想定していない間取りでは、もし子供が増えた場合に困ってしまいますよね。
そのためにも子供は何人欲しいのか、別の部屋を子供部屋に変えられないかを予め考えて決めておくと良いでしょう。

2つ目はおしゃれにするあまり集中できない環境にしてしまうことです。
子供を喜ばせようとした結果、つい遊びたくなってしまうような誘惑の多い環境にしてしまうと、子供が勉強に集中して取り組まなくなることもあるでしょう。
遊び道具はほどほどに用意するのが良いです。

□子供部屋の間取りを考えるポイントとは

ここでは子供部屋の間取りを考えるポイントについてご紹介していきます。

一般的に子供部屋は6畳の部屋があれば良いと言われています。
6畳の部屋に効率よく本棚や勉強机、ベッドなどを置くので部屋の凸凹にうまく合わせて配置を考えることが重要です。
あまり広くすると快適になりすぎて子供が部屋に引きこもる場合もありますので、程良い広さが一番です。

逆に未就学児が2人いる場合は子供部屋を広くとると良いかもしれません。
今まで同じ部屋だった子供たちでも、成長していくと自分の部屋を持ちたくなりますよね。
その時に子供部屋が広いと簡単に壁で仕切ることができるのでおすすめします。

他にも玄関から子供部屋までの動線も意識しておきたい点です。
子供が帰宅した後にリビングを経由して子供部屋に入るようにしておけば、必ず親と顔を合わせるようにできるので自然に会話も増えるでしょう。
家族でのコミュニケーションを大事にしたいご家庭はぜひ動線を意識してみてください。

□まとめ

今回は子供部屋の間取りを考える時のポイントについて解説しました。
子供部屋の間取りを考える時はぜひご紹介したポイントを考えてみましょう。
この記事を参考にしていただければ幸いです。

注文住宅を計画中の方へ!キッチンの間取りを決めるコツをご紹介

注文住宅のキッチンの間取りでお悩みの方はいらっしゃいませんか。
せっかくキッチンの設計を考えるなら、使い勝手の良いキッチンを目指したいですよね。
そこで今回は、キッチンの間取り決めで後悔しないために気を付けたい点について解説します。

□キッチンの間取り決めの際に気を付けたい点とは

まずは、動線を考えましょう。
動線とは、建物の中で人が自然に動くと予想される経路を線で表したものを指します。
ここでは、無駄のない動線を確保するために注意したい点を3つ紹介します。

*調理の流れを押さえる

まずは、毎日の調理の流れを振り返りましょう。
食材を冷蔵庫から取り出し、シンクで洗ったり、包丁で切ったり、鍋で加熱した後に食器に盛り付けてダイニングまで運ぶ、というのが一般的な調理の流れです。
また、食事後は食器を洗い、乾かした後に食器を棚にしまうと思います。
これらの一連の動きをスムーズに行える空間を目指すことが重要です。

*ワークトライアングルを意識する

コンロとシンクと冷蔵庫の3つを結んだ作業動線をワークトライアングルと言います。
作業の要所となる3つの場所の位置関係を意識すると、作業効率の良いキッチンをデザインできます。

これらの場所を往来する際の距離の合計は3.6~6.6メートルに収めるのが理想です。
また、十分な広さの作業スペースを確保するためにも、各場所間の距離は1.2メートル以上確保したいです。
ただし、この距離の目安は一人での調理が前提となっているため、調理を複数人で行うことが多い方は、複数人がキッチン内で動くことを考慮したうえで上記の距離を調整しましょう。

*キッチンの間取りの特徴を理解する

キッチンの代表的な型を3つ紹介します。

1つ目は、I型です。
コンロとシンクが壁付けで一直線に並んだキッチンです。
シンプルでコンパクトなキッチンをつくりたい方におすすめです。

2つ目は、セパレート型です。
2列で構成されているため、作業場所の移動が楽で、作業を対面で行うことにも向いています。
シンクや調理スペースの周囲を広く取れるというメリットがあります。

3つ目は、L型です。
L字型のキッチンでは回転移動ができるようになり、作業場所をスムーズに移動できます。
キッチンの後ろのスペースを確保することも可能で、複数人での調理やすれ違いが楽にできます。

□その他に気を付けたい点とは

ごみ箱の配置場所を決めていなかったために、目立つ場所や動線を妨げる場所にしかごみ箱を設置できず、後悔する方が多いです。

ごみ箱をどこに置くのかをあらかじめ考えておきましょう。
たとえばキッチンの収納の下部にごみ箱用のスペースをつくると、ごみ箱は目立ちにくくなります。

□まとめ

調理の流れやワークトライアングルを意識すると、自分にとって使い勝手の良いキッチンが見えてきます。
キッチンの間取りの種類や特徴を把握して、自分のスタイルに合ったものを見つけ出しましょう。

注文住宅の打ち合わせでは何をするの?注意点もご紹介

注文住宅をご検討中の方に知っていただきたいのが、打ち合わせの重要性です。
満足のいく住まいが手に入るかは、打ち合わせにかかっているといっても過言ではありません。
そこで今回は、注文住宅の打ち合わせが大事な理由と打ち合わせ時の注意点について解説します。

□注文住宅で打ち合わせが大切な理由とは?

注文住宅は、理想の住まいのアイデアや希望を持ったお客様とそれを具現化する住宅会社が足並みを揃えてこそ、成功するものです。

お客様に素晴らしいアイデアや強い要望があっても、住宅会社に建築のためのノウハウやリソース、技術がなければ理想の住まいは完成しません。
同様に、住宅会社が豊富な経験とリソースを持っていても、お客様に理想の住まいのイメージがなければ注文住宅の成功は遠のいてしまいます。

専門的な知識を持っていないお客様が一方的に意見を通すことはできません。
一方で、住宅会社にすべてをゆだねてしまっては、注文住宅が建売住宅と変わりのないものになってしまいます。

このギャップを埋めるために重要なのが、注文住宅を建てるための打ち合わせです。
家づくりの中で最も大切なフェーズです。

□注文住宅の打ち合わせの注意点

予算の上限を決めておくと同時に、打ち合わせのための準備をしましょう。
同居をする予定の方全員で話をする場をつくって、それぞれの要望や意見を明確にしておくと家づくりがスムーズに進みます。

打ち合わせまでに決めておきたいことを2つ紹介します。

*理想の住まいのイメージを共有する

家族間でも、各々が思い描いている住まいのイメージは違っています。
建てたい家についてイメージを共有しておきましょう。

2階建てなのか、平屋なのか、部屋はいくつにするのか、外観は和風にするのか、モダンにするのかなど、理想の住まいのイメージを家族間で共有しておきましょう。
このイメージがはっきりと決まっていないと、後々の設備選びや資材選びで迷うことが多くなります。

*要望に優先順位を付ける

こだわりのポイントには優先順位を付けておきましょう。
自由に設計できる注文住宅ですが、すべての希望を取り入れるとすぐに予算を超えてしまいます。

たとえば、トイレやキッチンといった水回りの設備をハイグレード品にすると金額が高くなります。
リビングルームにこだわりたいなら、水回りの設備は標準装備品にするなど、メリハリをつけることが大切です。
床には人工の資材を使用するが壁には天然の資材を使う、というように場所ごとに資材の種類を変えるのも有効な手段です。

打ち合わせの際に優先順位を伝えることで、設計の担当者も提案がしやすくなり、イメージの食い違いを防止できます。

□まとめ

お客様と住宅会社が足並みを揃えて注文住宅を完成させるためにも、打ち合わせは最も重要な手続きです。
家族間で理想の住まいのイメージを共有し、要望に優先順位を付けておくことで打ち合わせがスムーズに進みます。
万全な準備で打ち合わせに臨んで、注文住宅の成功に向けた良いスタートを切りましょう。