注文住宅をお考えの方必見!住宅の断熱性能を高めるメリットとは?

「住宅の断熱性能を高めたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
冬になると家の中が冷え込んでお悩みの方は、注文住宅を建築する際に断熱性能を重視してみると良いかもしれません。
今回は、青森の建築会社が住宅の断熱性能を高めるメリットについてご紹介します。

□高断熱住宅の特徴をご紹介

まず、高断熱住宅の特徴と、高気密性との関係をご紹介します。
高断熱住宅は、性能が高い断熱材や複層ガラスを用いたサッシを設置することで、外気温が室温に影響しにくくなった住宅を指します。

また、鉄筋コンクリートでつくられた住宅は、木造住宅よりも断熱性が高い傾向にあります。
一般的な木造住宅では柱を挟んで外壁と内壁が作られ、その隙間をグラスウール等の断熱材で詰めています。
一方、鉄筋コンクリートでつくられた住宅は、コンクリートを挟んで外壁と内壁がつくられているため、必然的に断熱性能が高くなるのです。

続いて、高気密性との関係を見てみましょう。
高断熱住宅は多くの場合、高気密という性能も持ち合わせています。
高気密住宅とは、壁と窓サッシの間などから冷気が入ってこないように気密テープや防湿シートなどで隙間を埋めた住宅を指します。

いくら断熱性を高めても、隙間から空気が出入りしては意味がありませんよね。
高断熱と高気密は互いに作用し合って効果を高めているのです。

□高断熱、高気密住宅にするメリットをご紹介

ここでは、高断熱、高気密住宅にするメリットを3つ見てみましょう。

*夏は涼しく、冬は暖かい家になる

1つ目は、夏は涼しく、冬は暖かい家になることです。
上述の通り、断熱性と気密性が高い住宅は外気の影響を受けづらく、室内の空気を一定に保てます。
暑さや寒さが厳しい季節でも快適に過ごせるのは大きなメリットですね。

*省エネ効果がある

2つ目は、光熱費を抑えられ、省エネ効果があることです。
高断熱、高気密住宅では、冷暖房を使う頻度が少なくて済むため、光熱費を抑えられます。
これは家計にとっても地球環境にとっても良いことですね。

*結露を防げる

3つ目は、結露を防げることです。
冬になると、窓に大量の結露が発生している光景を見たことはありませんか。
結露はカビやさび、柱の腐食の原因となってしまいます。
高断熱で高気密な住宅であれば、壁や窓が冷えにくく、また隙間から冷気が入ってきにくくなるため、結露の発生を防げます。

ただし、結露が全く発生しなくなるわけではないので、きちんと湿度管理をするようにしましょう。

□まとめ

今回は、注文住宅の断熱性能の特徴とメリットをご紹介しました。
当社では、壁や天井に自然素材を用いたこだわりのある家づくりを提供しています。
自宅をやすらぎと癒しの空間にしたいという方はもちろん、注文住宅について気になることがあれば、ぜひお問い合わせください。

PageTop