注文住宅を建てるときはアフターサービスを重視しましょう!

注文住宅をご検討中の方に知っていただきたいのが、アフターサービスの重要性です。
耐震性や快適性などの性能面、間取りの自由度などと並んで、住宅会社を選ぶ際に大切な指標の1つです。
そこで今回は、アフターサービスの重要性について解説します。

□アフターサービスの重要性とは?

住宅の購入は住宅会社との契約を結べば終わりでもなければ、住まいが完成して引き渡しが完了すれば終わりでもありません。
住まい買うということが、これからの長い人生で家族が共に生活する空間を買うということを意味しているからです。

そのため、注文住宅の完成時の見栄えももちろん大切ですが、同様に数十年後も不具合なく生活できているかを考えることも重要なのです。
また、不具合が生じた場合にすぐに対応できるか、目には見えない劣化や欠陥を早期発見するためのサポートがあるかといった点も、住み始めてからも安全で快適な環境を維持するために大事です。

アフターサービスが充実していない住宅会社で家を建てると、問題が生じたときに自分で業者を通す必要が出たり、点検や補修に多大な時間がかかったりしてしまいます。
不安のない生活を送るためにも、契約前にアフターサービスの内容を確認しておくことが大切です。

□当社が行っているアフターサービスをご紹介

当社は、家は完成したら終わりではなく、ライフスタイルの変化や年月の経過に合わせてお手入れをしながら住み継いでいくものだと考えています。
そのため、当社は豊富なメンテナンスメニューを持ち、長く快適に住んでいただくためのメンテナンスシステムを用意しております。

当社は、竣工したお客様の家を必ず定期訪問しています。
大工道具を持参するため、その場で建具等の微調整を行えます。
気がかりなことがあれば、点検の際にお気軽にご相談ください。
目には見えない劣化や不具合の早期発見につながります。

お引き渡し以後、1カ月、3カ月、6カ月、1年のペースで点検を行い、1年後からは1年に1度点検をさせていただきます。
また、2年目と5年目、10年目の定期巡回は重点的に点検を行い、建物を維持するための計画的なメンテナンスのアドバイスもさせていただいております。

□まとめ

快適で不安のない住まいに長く住み続けるためにも、住宅会社を選ぶ際にはアフターサービスが充実しているかどうかを確認したいです。
定期的にメンテナンスを行うことで、家は長持ちします。
当社では、快適な住まいに長く住んでいただくためのメンテナンスシステムを構築しています。
ぜひご利用ください。