注文住宅の建築に住宅ローンをお使いの方へ!審査や支払いのタイミングを紹介

「注文住宅を考えていて、住宅ローンを使いたいけど支払いのタイミングがわからない」
このようにお悩みの方はおられませんか。
支払い時になって困らないためにも、いつ何をするべきなのか知っておくと安心ですね。
そこで今回は、住宅ローンの審査や支払いのタイミングを青森の工務店がご紹介します。

□注文住宅ローンの審査や支払いのタイミングをご紹介

まず、住宅ローンの審査と支払いのタイミングを見てみましょう。
住宅ローンを使うときは、事前審査と本審査という2つの審査を受ける必要があります。
事前審査の際に、借り入れるおおまかな金額を把握しておくと、本審査がスムーズに進められます。

工事が始まるまでの打ち合わせでプランが決定する前に、事前審査も申し込むとよいでしょう。

また、事前審査に通ったらいつ融資を受けられるのか疑問ですよね。
実は住宅ローンは土地と家を担保としており、家がローンを借りる人のものになるまでは融資を受けられません。
そのため、建物の引き渡しが行われ、本審査を通るまでは融資を受けられないと理解しておきましょう。

□住宅ローンを組む際の注意点をご紹介

続いて、住宅ローンを組む時に注意したいことをご紹介します。

*つなぎ融資についての知識をつけておく

注文住宅を建てる際には、建物の完成前から数回に分けて支払いが発生します。
前述の通り、住宅ローンの融資の実行は建物の完成後ですよね。
そのため、継続して自己資金で支払う余裕がない方は、つなぎ融資を利用することが多いです。

しかし、金融機関によってはつなぎ融資を行なっていない場合や、金利が想像以上にかかる場合があります。
事前にしっかりと確認しておきましょう。

*融資されるタイミングを知っておく

注文住宅のローンを組む際には、土地と建物の融資を一緒に申し込むことが原則です。
しかし、それぞれの融資が行われるタイミングは異なります。
土地の融資は決済するとすぐに行われますが、建物の融資は家が完成し引き渡されるまで実行されません。
この違いにより資金計画が変わり、焦ることがないように融資のタイミングを把握しておきましょう。

*建築確認申請に注意する

住宅ローンを申し込む際には、役所に建築確認申請を提出する必要があります。
これは、「どこに、どんな建物を合法的に建てる」という申請を出し、許可を得るためのものです。
許可が得られなければ、住宅ローンを申し込めません。
注文住宅を建てるプランが固まり次第、すぐに申請するようにしましょう。

□まとめ

今回は注文住宅の住宅ローンの審査や支払いのタイミング、注意点をご紹介しました。
当社では、住宅ローンの申し込みや役所への申請など、複雑でお客様が不安に思われるところまで丁寧にサポートします。
夢が詰まった素敵な住宅づくりを一緒に実現しませんか。
何か気になることがあればお気軽にご相談ください。