注文住宅をご検討中の方へ!予算の決め方を紹介します

注文住宅をお考えの方の中で、予算の決め方に悩んでいる方はいらっしゃいませんか。
予算オーバーしないためにも、予算は慎重に決める必要がありますよね。
この記事では、注文住宅の予算の決め方と、予算オーバーしないためのポイントをご紹介します。
ぜひお役立てください。

□注文住宅の予算の決め方とは

ここでは、3つのステップで注文住宅の予算の決め方をご説明します。

まず、1つ目のステップとして、注文住宅にかける自己資金額を決定しましょう。
決める際には、貯金額のうち、どのくらいの金額を手元に残しておくのかを考える必要があります。
なぜなら、いざ入居するとなると、引っ越し費用や税金、登記費用といったコストがかかってくるからです。

そのため、購入資金だけでなく、生活していくための予備費用を確保することが重要です。

次に、2つ目のステップとして、住宅ローン借入額を決めましょう。
住宅を購入する際、多くの方は住宅ローンを利用するでしょう。
融資額を決定する上で大切なのは、金利をもとに総支払額を計算し、毎月の返済額を明確にしておくことです。

安定してローンを返済し続けられるように、無理のない計画を立てましょう。
過度な借入を避けるためにも、あらかじめしっかりと計算した上で計画を立てることが大切です。

最後に、3つ目のステップとして、購入資金の限度額を計算しましょう。
自己資金と住宅ローン借入額を決めたら、そこから購入資金を決めましょう。
ここで、土地を購入する場合は、土地の購入資金や借入資金を計算した上で、予算を割り出す必要があることに注意しましょう。

□予算オーバーしないためのポイントとは

ここでは、予算オーバーしないために気をつけるべきポイントを2つご紹介します。

1つ目は、予算調整についての話し合いを重ねることです。
プランナーと予算調整を行うときは、とにかく何度も細かく行うことが重要です。
細部にまで注意を払い、不明点は適宜質問してその場で解決しましょう。
納得がいくまで妥協せずに予算調整することで、予算オーバーが生じる可能性を少しでも下げることが大切です。

2つ目は、必要以上の機能を求めないことです。
注文住宅では、こだわりを優先するあまり、費用が高額になってしまうことが少なくありません。
住宅の機能やデザインは、予算におさまる範囲で考えましょう。

□まとめ

注文住宅の予算の決め方と、予算オーバーしないためのポイントをご紹介しました。
注文住宅をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

お困りのことがございましたら、お気軽に当社までご相談ください。