注文住宅の建築に住宅ローンをお使いの方へ!審査や支払いのタイミングを紹介

「注文住宅を考えていて、住宅ローンを使いたいけど支払いのタイミングがわからない」
このようにお悩みの方はおられませんか。
支払い時になって困らないためにも、いつ何をするべきなのか知っておくと安心ですね。
そこで今回は、住宅ローンの審査や支払いのタイミングを青森の工務店がご紹介します。

□注文住宅ローンの審査や支払いのタイミングをご紹介

まず、住宅ローンの審査と支払いのタイミングを見てみましょう。
住宅ローンを使うときは、事前審査と本審査という2つの審査を受ける必要があります。
事前審査の際に、借り入れるおおまかな金額を把握しておくと、本審査がスムーズに進められます。

工事が始まるまでの打ち合わせでプランが決定する前に、事前審査も申し込むとよいでしょう。

また、事前審査に通ったらいつ融資を受けられるのか疑問ですよね。
実は住宅ローンは土地と家を担保としており、家がローンを借りる人のものになるまでは融資を受けられません。
そのため、建物の引き渡しが行われ、本審査を通るまでは融資を受けられないと理解しておきましょう。

□住宅ローンを組む際の注意点をご紹介

続いて、住宅ローンを組む時に注意したいことをご紹介します。

*つなぎ融資についての知識をつけておく

注文住宅を建てる際には、建物の完成前から数回に分けて支払いが発生します。
前述の通り、住宅ローンの融資の実行は建物の完成後ですよね。
そのため、継続して自己資金で支払う余裕がない方は、つなぎ融資を利用することが多いです。

しかし、金融機関によってはつなぎ融資を行なっていない場合や、金利が想像以上にかかる場合があります。
事前にしっかりと確認しておきましょう。

*融資されるタイミングを知っておく

注文住宅のローンを組む際には、土地と建物の融資を一緒に申し込むことが原則です。
しかし、それぞれの融資が行われるタイミングは異なります。
土地の融資は決済するとすぐに行われますが、建物の融資は家が完成し引き渡されるまで実行されません。
この違いにより資金計画が変わり、焦ることがないように融資のタイミングを把握しておきましょう。

*建築確認申請に注意する

住宅ローンを申し込む際には、役所に建築確認申請を提出する必要があります。
これは、「どこに、どんな建物を合法的に建てる」という申請を出し、許可を得るためのものです。
許可が得られなければ、住宅ローンを申し込めません。
注文住宅を建てるプランが固まり次第、すぐに申請するようにしましょう。

□まとめ

今回は注文住宅の住宅ローンの審査や支払いのタイミング、注意点をご紹介しました。
当社では、住宅ローンの申し込みや役所への申請など、複雑でお客様が不安に思われるところまで丁寧にサポートします。
夢が詰まった素敵な住宅づくりを一緒に実現しませんか。
何か気になることがあればお気軽にご相談ください。

注文住宅をご検討中の方へ!予算の決め方を紹介します

注文住宅をお考えの方の中で、予算の決め方に悩んでいる方はいらっしゃいませんか。
予算オーバーしないためにも、予算は慎重に決める必要がありますよね。
この記事では、注文住宅の予算の決め方と、予算オーバーしないためのポイントをご紹介します。
ぜひお役立てください。

□注文住宅の予算の決め方とは

ここでは、3つのステップで注文住宅の予算の決め方をご説明します。

まず、1つ目のステップとして、注文住宅にかける自己資金額を決定しましょう。
決める際には、貯金額のうち、どのくらいの金額を手元に残しておくのかを考える必要があります。
なぜなら、いざ入居するとなると、引っ越し費用や税金、登記費用といったコストがかかってくるからです。

そのため、購入資金だけでなく、生活していくための予備費用を確保することが重要です。

次に、2つ目のステップとして、住宅ローン借入額を決めましょう。
住宅を購入する際、多くの方は住宅ローンを利用するでしょう。
融資額を決定する上で大切なのは、金利をもとに総支払額を計算し、毎月の返済額を明確にしておくことです。

安定してローンを返済し続けられるように、無理のない計画を立てましょう。
過度な借入を避けるためにも、あらかじめしっかりと計算した上で計画を立てることが大切です。

最後に、3つ目のステップとして、購入資金の限度額を計算しましょう。
自己資金と住宅ローン借入額を決めたら、そこから購入資金を決めましょう。
ここで、土地を購入する場合は、土地の購入資金や借入資金を計算した上で、予算を割り出す必要があることに注意しましょう。

□予算オーバーしないためのポイントとは

ここでは、予算オーバーしないために気をつけるべきポイントを2つご紹介します。

1つ目は、予算調整についての話し合いを重ねることです。
プランナーと予算調整を行うときは、とにかく何度も細かく行うことが重要です。
細部にまで注意を払い、不明点は適宜質問してその場で解決しましょう。
納得がいくまで妥協せずに予算調整することで、予算オーバーが生じる可能性を少しでも下げることが大切です。

2つ目は、必要以上の機能を求めないことです。
注文住宅では、こだわりを優先するあまり、費用が高額になってしまうことが少なくありません。
住宅の機能やデザインは、予算におさまる範囲で考えましょう。

□まとめ

注文住宅の予算の決め方と、予算オーバーしないためのポイントをご紹介しました。
注文住宅をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

お困りのことがございましたら、お気軽に当社までご相談ください。

注文住宅をお考えの方へ!自然素材の家について解説します

皆さんは、自然素材の家が何かご存じですか。
注文住宅をご検討中の方には、人気が高い自然素材の家ですが、メリットが気になる方もいらっしゃいますよね。
そこで今回は、自然素材の家とは何かとそのメリットをご紹介します。

□自然素材の家とは?

皆さんは、「自然素材の家」と聞いて何を思い浮かべますか。
「環境に良い」「人工的なものを使っていない」
このようなイメージを持たれる方が多いのではないでしょうか。

実は「自然素材の家」に明確な定義はありません。
しかし一般的には、化学物質を含む素材を使用しない住宅を指します。
ここで注意していただきたいのは、自然素材の家は「化学物資を含む素材を全く使わない家」ではないことです。
つまり、自然素材を積極的に使用して建てられた家であれば、自然素材の家と呼ばれます。

例えば、集成材の代わりに無垢材を使っている家や、壁や床、天井に漆喰や珪藻土が使われている家が多いでしょう。
その他にも、断熱材や接着剤にも自然素材が使われるケースがあります。

□自然素材の家にするメリットとは?

ここでは、自然素材の家にするメリットを3つご紹介します。

*身体に優しい家をつくれる

前述の通り、自然素材の家では、化学物資を含んだ素材をできるだけ使いません。
そのため、シックハウス症候群やアレルギーの原因となる物質を抑えられ、身体に優しい家を実現できるでしょう。

*過ごしやすい家をつくれる

自然素材の中でも代表的な無垢の木や、当社でも使用している琉球塗壁には調湿作用があります。
それにより、室内を快適な湿度に保ったり、結露やカビを防いだりする効果があるでしょう。
また天然の木材は、消臭効果や香りを持つことから、リラックスした空間を作りたい方におすすめです。

*耐久性の高い家をつくれる

このメリットは、日本の古民家や寺院を想像するとわかりやすいでしょう。
現代の一般的な家の寿命が30年程度と言われる中、自然素材が使われている昔の建物は何十年、何百年と建物を維持しています。
もちろん、このような建物にはしっかりと手入れが施されています。
しかし逆に、適切な手入れがされた自然素材の家は、耐久性が高いと言えるでしょう。

□まとめ

本記事では、自然素材の家についてご紹介しました。
メリットを把握すると、今まで悩んでいた方も決断しやすくなったかと思います。
自然素材の家を建築して、人や環境に優しく、過ごしやすい家を実現させましょう。
注文住宅をご検討中の方は、お気軽に当社までご相談ください。

注文住宅は工務店で建てるのがおすすめ?メリットをご紹介します

注文住宅をご検討中の方は、どこの住宅会社に依頼するかを迷いますよね。
決して安くはない買い物なので、それぞれの会社の特徴を押さえて、慎重に選ぶ必要があります。
今回は、注文住宅を建てる際に、工務店がおすすめの理由をメリットとあわせてご紹介します。

□工務店とは?

ここでは、工務店とは何かをご紹介します。
注文住宅を建てる際には、工務店とハウスメーカーで迷う方が多いでしょう。
工務店は、ハウスメーカーより狭い範囲で営業している特徴があります。
皆さんの中には、「町の工務店」のような印象をお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、その規模や営業方法は工務店によって異なります。

例えば、前述したような「町の工務店」の場合は、営業範囲を会社がある市や町に限定し、地域密着型で施工します。

また、「フランチャイズの加盟店」として営業する工務店もあります。
その特徴は、本部や他の加盟店とノウハウや技術を共有できることです。
また、本部が一括して仕入れた建材を使うため、コストが抑えられるメリットもあるでしょう。

その他にも、「地域の中堅ビルダー」として営業している工務店があります。
地域密着型でありながらも、他の工務店と比べて施工実績があったり、見学会を開催したりしています。
また、営業地域も他県や他の市までカバーしているケースがあります。

□工務店に依頼するメリットとは?

ここでは、注文住宅を建てる際に工務店に依頼するメリットをご紹介します。

*地域密着型の丁寧な対応が受けられる

上記で述べた通り、工務店の多くは地域密着型です。
家を建てる際には、住宅の構造だけでなく、周辺の生活環境にも考慮した家づくりをしたいですよね。
地域密着型の工務店に依頼すると、住宅を建築する上で重要な、地域の気候風土や交通事情を熟知したスタッフと設計を考えられるでしょう。

*コスト調整が可能になる

工務店に注文住宅を依頼すると、自由に設計できます。
それにより、ご自身にとって最適な住みやすい住宅が実現できる反面、コストが心配な方も多いでしょう。
しかし、自由だからこそ、コストの調節も比較的簡単にできるのです。
その際、こだわる部分はとことんこだわり、そうでない部分でコストカットするメリハリが大事になるでしょう。

こだわりを大事にしつつ、予算内に収まる家を建てたい方には工務店がおすすめです。

*個性的な家にできる

一口に工務店と言っても、それぞれに個性があります。
他社にはない独自性をアピールしている工務店も多いため、ご自身の希望にあった工務店を選ぶとオリジナリティあふれる住宅を実現できます。

□まとめ

本記事では、注文住宅を建てる際に工務店に依頼するメリットをご紹介しました。
工務店も規模によって違いがありますが、どんな工務店でも丁寧な対応が期待できます。
当社は、工務店としてお客様の理想の家を建てるお手伝いをしております。
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。