注文住宅の費用でお悩みの方必見!コストダウンの方法をご紹介します

注文住宅を建てる際に、その費用が気になる方は多いのではないでしょうか。
できる限りコストダウンしたい一方、どこから費用を削れば良いか判断するのは難しいですよね。
そこで今回は、注文住宅の建築でコストダウンする方法をご紹介します。

□注文住宅でコストダウンする方法とは?

ここでは、コストダウンする方法を3つご紹介します。

1つ目は、凹凸のない真四角な住宅にすることです。
床面積が同じ住宅でも、凹凸が多い住宅と真四角な住宅を比べると、後者の方がコストを抑えられます。
その理由は、基礎や外壁をはじめとした多くの箇所で材料費と工事費を減らせるためです。

2つ目は、1階と2階の床面積を同じにすることです。
延べ床面積が同じでも、1階の床面積が2階よりも広い場合と、上下階の床面積が同じ場合では、前者の方が基礎工事の範囲が広くなります。
また、上下階の床面積が違うと、屋根工事が複雑になります。
したがって、上下階で床面積を同じにすることで、コストダウンが見込めるでしょう

3つ目は、設備機器の仕様や機能を検討し直すことです。
例えば、システムキッチンにこだわりたい方も多いですよね。
しかし、同じメーカーから出ている製品でも、キッチンの配置や仕様、機能によって価格が異なります。
そのため、システムキッチンを選ぶ際は、ロータイプのものをベースとして検討し、必要な機能があればグレードを上げる方法がおすすめです。

ここでは、3つの方法をご紹介しましたが、コストダウンする方法は他にもあります。
住宅会社と相談しながら、ご自身にあったコストダウンの方法を見つけてみましょう。

□コストダウンする際の注意点とは?

ここでは、コストダウンする際の注意点をご紹介します。

*ランニングコストを考慮する

コストダウンする際は、初期費用だけでなく、維持費用まで考えることが大切です。
その理由は、初期費用の安さを理由に製品を選んでも、長い目で見ると電気代などの維持費がかさみ、結局コストダウンになっていないケースもあるからです。

*メンテナンスや修理の費用を考慮する

住宅は建てたら終わりではなく、長期間メンテナンスしていく必要があります。
安くても劣化が早い建材や設備を選んでしまうと、後々修理にお金がかかります。
長期間付き合っていく住宅であることを考慮して、コストダウンするかを決めることが大切です。

□まとめ

本記事では、コストダウンする方法をご紹介しました。
間取りや設備を見直すことで、コストダウンが可能ですが、同時に注意点を押さえておくことが大切です。
当社では、お客様の予算やニーズに合った注文住宅をご提案しております。
注文住宅をご検討中の方は、お気軽にご相談ください。

PageTop