注文住宅の費用でお悩みの方必見!コストダウンの方法をご紹介します

注文住宅を建てる際に、その費用が気になる方は多いのではないでしょうか。
できる限りコストダウンしたい一方、どこから費用を削れば良いか判断するのは難しいですよね。
そこで今回は、注文住宅の建築でコストダウンする方法をご紹介します。

□注文住宅でコストダウンする方法とは?

ここでは、コストダウンする方法を3つご紹介します。

1つ目は、凹凸のない真四角な住宅にすることです。
床面積が同じ住宅でも、凹凸が多い住宅と真四角な住宅を比べると、後者の方がコストを抑えられます。
その理由は、基礎や外壁をはじめとした多くの箇所で材料費と工事費を減らせるためです。

2つ目は、1階と2階の床面積を同じにすることです。
延べ床面積が同じでも、1階の床面積が2階よりも広い場合と、上下階の床面積が同じ場合では、前者の方が基礎工事の範囲が広くなります。
また、上下階の床面積が違うと、屋根工事が複雑になります。
したがって、上下階で床面積を同じにすることで、コストダウンが見込めるでしょう

3つ目は、設備機器の仕様や機能を検討し直すことです。
例えば、システムキッチンにこだわりたい方も多いですよね。
しかし、同じメーカーから出ている製品でも、キッチンの配置や仕様、機能によって価格が異なります。
そのため、システムキッチンを選ぶ際は、ロータイプのものをベースとして検討し、必要な機能があればグレードを上げる方法がおすすめです。

ここでは、3つの方法をご紹介しましたが、コストダウンする方法は他にもあります。
住宅会社と相談しながら、ご自身にあったコストダウンの方法を見つけてみましょう。

□コストダウンする際の注意点とは?

ここでは、コストダウンする際の注意点をご紹介します。

*ランニングコストを考慮する

コストダウンする際は、初期費用だけでなく、維持費用まで考えることが大切です。
その理由は、初期費用の安さを理由に製品を選んでも、長い目で見ると電気代などの維持費がかさみ、結局コストダウンになっていないケースもあるからです。

*メンテナンスや修理の費用を考慮する

住宅は建てたら終わりではなく、長期間メンテナンスしていく必要があります。
安くても劣化が早い建材や設備を選んでしまうと、後々修理にお金がかかります。
長期間付き合っていく住宅であることを考慮して、コストダウンするかを決めることが大切です。

□まとめ

本記事では、コストダウンする方法をご紹介しました。
間取りや設備を見直すことで、コストダウンが可能ですが、同時に注意点を押さえておくことが大切です。
当社では、お客様の予算やニーズに合った注文住宅をご提案しております。
注文住宅をご検討中の方は、お気軽にご相談ください。

注文住宅の打ち合わせはどうする?流れを解説します

注文住宅を建築する上で、大事な要素の1つが打ち合わせです。
しかし、初めてマイホームを建てる方は、どのように打ち合わせが進むのか想像しづらいでしょう。
そこで今回は、注文住宅の打ち合わせの流れをご紹介します。

□打ち合わせがもつ役割とは?

皆さんは、注文住宅を建てる際に打ち合わせがもつ役割をご存じですか。
打ち合わせには、施主の皆さんと住宅会社のギャップを埋める役割があります。
住宅は、両者の希望やアイデア、技術が重なった時に初めて出来上がるものです。
そのため、これらのことを両者の間で常に明確にしておく必要があります。

つまり、皆さんが持つイメージと住宅会社のノウハウや技術、リソースを確認する場として打ち合わせが使われているのです。
したがって、皆さんの理想の家を作る上で、打ち合わせは非常に重要だと言えるでしょう。

□打ち合わせの3つのタイミングとは?

ここでは、注文住宅を建築する際にどのタイミングで打ち合わせがあるかをご紹介します。
具体的なタイミングは、大きく分けて着工前、建築中、引き渡し前です。

*着工前の打ち合わせの内容とは?

この段階では、主に住宅の間取りや設備、仕様、費用を話し合います。
ご自身が実現したいイメージと、住宅会社ができることがマッチするかを確認する大事な機会になるでしょう。

ここで大切なのは、譲れない条件や住宅への希望を明確に伝えることです。
また、優先したい条件だけでなく、妥協点を決めておくことも重要です。
その理由は、技術や法律によって、必ずしも全ての工事内容が可能ではないからです。

その他にも、予算について話し合います。
この段階で踏み込んだ議論をしておくことで、見積書を受け取った際に戸惑うことがないでしょう。

*建築中の打ち合わせの内容とは?

ここでは特に、工事の進捗や修正ポイントについて3〜5回ほど話し合うことが多いでしょう。
建築中に気になるポイントが見つかり、修正依頼したい場合は、早めに施工会社に伝えることをおすすめします。
また、予算との兼ね合いも考慮しながら、細かい内装を決めていきます。

*引渡し前の打ち合わせの内容とは?

建築工事が完了した後は、2〜4回程度の最後の打ち合わせがあります。
依頼内容と完成した建物が合っているか、工事に問題がないかを確認しましょう。
ここで問題が見つからなければ、引っ越しという流れになります。

□まとめ

本記事では、注文住宅の打ち合わせの進め方をご紹介しました。
注文住宅の打ち合わせは、大きく分けて3つのタイミングで行われますが、どれも家づくりを進める上で大変重要です。
当社は、世界にひとつだけの家を作るお手伝いをしております。
注文住宅をご検討中の方は、お気軽に当社までご相談ください。

後悔しない玄関の作り方とは?工務店がポイントをご紹介します


注文住宅を建築する際は、外観や室内のイメージを考えながら設計するかと思います。
玄関は家の中に入って最初に目にするものであるため、家の印象を決める大変重要な要素でしょう。
そのため、こだわりを持って玄関作りすることをおすすめします。
今回は、注文住宅で玄関をデザインする際のポイントをご紹介します。

□玄関の役割とは?
毎日何気なく使っている方も多いかと思いますが、靴を玄関で脱ぐ日本では、玄関は家の外部と内部を分ける重要な場所です。
また、玄関は気持ちの切り替えを促すと言われており、外出時には前向きな気持ちに、帰宅時にはリラックスした気持ちにしてくれます。
そして、住宅の顔としての役割を持ち、来客がある場合は、最初に目に付くのが玄関です。
そのため、玄関は家のイメージを左右する要素の1つでしょう。
また、玄関に置くものにこだわりを持つと、おしゃれな空間を演出できます。
玄関にあると良いものは、下駄箱や飾り棚、傘立て、コート掛け、鏡です。
実用性とデザインのバランスを考えながら、アイテムを選ぶとおしゃれかつ便利な玄関が実現できるでしょう。

□玄関作りのポイントとは?
ここでは、玄関作りの際に気を付けるポイントをご紹介します。

*収納スペースにこだわる
玄関作りで重要なポイントの1つが靴の収納スペースです。
靴のコレクションが多い方はもちろん、お子さんがいるご家庭やこれから家族が増える可能性があるご家庭は、特に大きな収納スペースを確保すると良いでしょう。
シューズボックスが小さいと、部屋に靴を収納することになり、シーズン別に入れ替える手間がかかるかもしれません。

*玄関ドアにこだわる
玄関ドアの種類は多種多様なため、こだわりを持って選ぶことをおすすめします。
例えば、素材をひとつとってもアルミ製や木製、ガラス製がありますが、防犯面も考えるとデザインだけでなく、素材の特徴を知っておく必要があります。
そして、ドアの形にも片開きや両開き、引き戸があります。

*玄関照明にこだわる
玄関照明は、あまり注目されませんが、玄関の雰囲気を決める上で大きな役割をもちます。
例えば、間接照明を使うとおしゃれな雰囲気を演出できるでしょう。
また、生活スタイルに合わせて機能性を考慮しながら選ぶ方法もあります。
夜遅くに帰宅することが多い方は、玄関に入っただけで明かりがつく人感センサー付きの照明を選ぶことをおすすめします。

□まとめ
注文住宅を建築する際の玄関作りのポイントをご紹介しました。
玄関は、1日の始めと終わりに使用することが多いかと思います。
本記事でご紹介したポイントを参考にして、気持ち良く使えるデザインにしましょう。
注文住宅をご検討中の方は、お気軽に当社までお問い合わせください。

注文住宅を検討中の方必見!注文住宅におすすめの木材をご紹介します


木造住宅には、木の温もりを感じられることに加え、デザインの自由度が高いというメリットがあります。
しかし、木材の種類が多く、どのように選べば良いか分かりにくいですよね。
そこで今回は、注文住宅におすすめの木材をご紹介します。

□木材の種類とは?
建築に使われる木材の種類は、大きく2種類あります。
1つ目は、無垢材です。
無垢材は、1本の木をそのまま乾燥させて、建材にしたものです。
接着剤を使わないため、アレルギーを発症する可能性が低いことに加え、調湿性が高いことが無垢材を使うメリットでしょう。
反対にデメリットは、ひび割れの可能性があることや価格が高くなることです。
2つ目は、集成材です。
無垢材とは異なり、小さく切って乾燥させた木材が貼り合わせてあるのが集成材の特徴です。
メリットは、品質が安定しており比較的安価で、掃除がしやすい点でしょう。
そして、その中でもそれぞれの木に特徴があります。
例えば、スギは加工がしやすく、比較的安価で質の良いものが手に入ります。
ヒノキは、スギと同じく加工がしやすく、さらに丈夫でありながらも美しい見た目を持つことから、大変人気があります。
ヒノキが土台や柱に使われることが多いのは、水に強く反りによる狂いが出にくいからでしょう。
その香りの良さから、浴槽に使用されることもありますが、価格設定は比較的高めです。
その他にも、特に構造体に使われることが多い、ケヤキやヒバ、アカマツがあります。
ケヤキは耐久性に優れますが値段が高く、ヒバは湿気や菌、シロアリに強く、値段は比較的安いです。
アカマツは耐水性に優れますが、松脂が出るため目に見えないところに使われることが多いでしょう。

□木材の選び方とは?
注文住宅に使う木材を選ぶ時は、「手入れのしやすさ」と「コストと利便性のバランス」の2つを参考にすると良いでしょう。

*手入れのしやすさで選ぶ
無垢材は傷がつきやすく、集成材は傷がつきにくい特徴がありますが、必ずしも全ての場合にそれが当てはまるとは限りません。
なぜなら、無垢材の中にも硬度が高いものが存在するからです。
反対に、強いと言われる集成材でも、接着剤の種類によっては壊れやすいでしょう。
そのため、木材を手入れのしやすさで選ぶ際は、木の特徴をよく理解しておくことが大切です。

*コストと利便性のバランスで選ぶ
木材は種類によって価格も大きく異なり、質の高いものほど高くなります。
木材を選ぶ際は、コストだけで判断するのではなく、利便性とのバランスも考えて選ぶようにしましょう。

□まとめ
今回は、注文住宅におすすめの木材をご紹介しました。
自然素材を使った住宅は人気がありますが、木材の種類は多種多様なため、それぞれの特徴を把握することが重要です。
当社は、自然素材を使った注文住宅をご希望に合わせてサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。