注文住宅で土地探しをしている方にポイントを解説します!

注文住宅で土地をお探しの方はいらっしゃいませんか。
土地探しは簡単ではないですよね。
しかし、流れさえつかめばその悩みも解消できます。
そこで今回は、注文住宅の土地探しのポイントを解説します。

□土地探しで失敗しないためのポイントについて

土地探しには重要なポイントがあるのをご存知でしたか。
以下に、土地探しで失敗しないためのポイントについて見ていきましょう。

まずはじめのポイントは、土地探しの前に準備をすることです。
失敗しないようにするためには事前の準備を整えておく必要があります。
一旦希望が通るかは置いておき、自分の希望を洗いざらい出して、そこから優先順位をつけましょう。
家族でも何を優先するかはっきりさせておくことで後から困ることがないでしょう。

次に、土地の予算を決めることです。
注文住宅では、土地の購入費と建物にかかる建築費の合計が住宅購入の予算となっています。
このとき土地購入にはどのくらいのお金使うのか、建築費にはどのくらいのお金を使うのかを決めておくことで、スムーズに物事が進むでしょう。

古家が付いているか、建築条件が付いているかなどの土地のチェックも入念にしておきましょう。
更地で販売している土地もあれば、古家つきの土地もあります。
実際に建っている建物を見られるという点ではイメージがしやすいので良いでしょう。
また、リフォームやリノベーションなどの手配をすれば、費用を抑えて住めるのでそのことも頭に入れておいても良いかもしれません。

□土地探しにおける注意点とは

ここからは、土地探しにおける注意点を見ていきましょう。
注意点を3つ紹介します。

1つ目は、建ぺい率と容積率を確認することです。
建ぺい率とは、土地の面積に対する建物の建築面積の割合で、容積率とは延床面積の割合のことです。
この2つの割合によって、敷地に対してどのくらいの広さの家を建てられるのか、何階の家を建てられるのかが決まるのでしっかり確認しておきましょう。

2つ目は、高さ制限や日陰規制などの建築制限があるかをチェックすることです。
土地の広さや形、方角、面する道路条件などによってさまざまな建築制限があります。
希望のお家を建てたいときに引っかかってしまわないか確認するようにしてください。

□まとめ

今回は、注文住宅の土地探しのポイントを解説しました。
注文住宅の失敗しないポイントを見てきましたが、知っているか知らないかの差は大きいでしょう。
ポイントをしっかり把握して対策を練っておくことをおすすめします。
もし何かわからないことがあればお気軽に当社にご相談ください。