注文住宅を検討中の方必見!工務店選びのポイントを専門業者がご紹介します


注文住宅を検討している方は、工務店を選ぶことから始めるかと思います。
後々後悔しないためにも、このステップは適当にせず、ポイントを押さえて慎重に行う必要があります。
そこで今回は、注文住宅を建てる際、どのように工務店を選ぶと良いのかについてご紹介します。

□工務店の特徴とは?
「注文住宅の建築は工務店に依頼するもの」とぼんやりとしたイメージをお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、工務店にはどんな特徴があるのかご存じでしょうか。
全国で営業活動している知名度が高い大手ハウスメーカーとは違い、工務店は地域を絞って営業しています。
さらに、工務店の中でも規模や営業の種類によって3つに分けられます。
1つ目は、地域密着型の比較的小さな工務店です。
このタイプは数名の社員からなる場合が多く、地域住民から多く利用される「町の工務店」であると言えるでしょう。
2つ目は、フランチャイズに加盟している工務店です。
実際に施工するのは、それぞれの工務店ですが、建築時に使われる工法や規格は本部が決めます。
より良いサービスを提供するために、工務店が本部や他の工務店と技術を共有できるのがメリットの1つと言えるでしょう。
3つ目は、上記で紹介した2つの工務店よりも販売活動を積極的に行い、着工棟数が多い工務店です。
このタイプの工務店は、社名に加え独自の住宅ブランド名を開発していることがあります。
また、地域密着でありながらも、広域にわたって施工しているのが特徴の1つでしょう。

□工務店選びのポイントとは?
工務店を選ぶ際には多くのポイントがありますが、ここでは2つのポイントをご紹介します。

*実績をもとに選ぶ
注文住宅は、決して安くはない買い物ですので、安心して任せられる工務店を選びたいと思われる方が多いのではないでしょうか。
工務店を決める際は、各会社のホームページを確認して、過去の施工実績を調べることをおすすめします。
その際に施工数が多い会社は、多くの実績を持ち、経験が豊富な業者と言えるでしょう。

*理念や得意分野で選ぶ
一口に工務店といっても、得意分野や理念はそれぞれで異なります。
例えば、天然素材を売りにしている工務店もあれば、デザイン性を重視している工務店もあるでしょう。
そのため、ご自身のイメージに合った工務店を選ぶと、工務店とのイメージのズレが小さくなり、理想的な家づくりが実現できるでしょう。

□まとめ
注文住宅を建築する際の工務店選びのポイントをご紹介しました。
下調べする中でそれぞれの工務店の特徴を知っておくと、ご自身に合った業者を選べるでしょう。
当社は、お客様の家づくりを全力でサポートいたします。
ご不明な点がございましたら、お気軽に当社までお問い合わせください。

後悔しない家づくりのためには?専門業者が新築で気を付けるポイントを解説

新築住宅は高い買い物ですし、絶対に失敗したくありませんよね。
後悔しない家づくりをするためには、実際の失敗例や家づくりのポイントを把握しておくことが大切です。
そこで今回は、新築を建てる際に気をつけることをご紹介します。

□新築でよくある失敗例とは?
ここでは、新築で失敗しやすいポイントをご紹介します。
1つ目は、間取りの失敗です。
間取りで失敗する人は多いですが、施工が完了した後は大規模なリフォームをしない限り変更できないため、しっかり計画を立てる必要があるでしょう。
例えば、リビングに吹き抜けや階段がある間取りは魅力的な反面、プライバシー面が不十分であることから、お子さんが成長するにつれて生活しにくくなったり、暖房効率が悪くなったりします。
また、キッチンの設計に力を入れる方は多いですが、リビングから見えるタイプのキッチンだと、毎日の手入れが大変かもしれません。
水まわりの失敗例も多く、洗面所と脱衣所を分けなかったことを後悔する人やトイレの配置を後悔する人がいます。
その他にも、居住部分を広くしすぎると、狭くて圧迫感がある玄関になってしまうかもしれません。
2つ目は、設備や家具の失敗です。
新築住宅を建てる際は、オプションを付けられることが多いですよね。
そのオプション次第で、理想に近い家づくりができるため、こだわる方も多いでしょう。
しかし、高い値段を払ってつけたオプション機能を思っていたほど使っていない人も多いようです。
また、コンセントの数や設置場所を十分に考えていなかったという声も多くあります。
設計の時点で部屋におく家具についてイメージを持っておくと、コンセントや窓の配置を決めやすくなるでしょう。

□失敗しないためのポイントとは?
ここでは、新築で失敗しないためのポイントを3つご紹介します。

*生活のイメージを明確にする
設計段階で重要なポイントは、新築で暮らしているイメージを持っておくことです。
そうすることで、間取りや必要なオプションが明確に見えてくるでしょう。
その際、家族の生活や成長まで考慮しておくと、長期的に見て住みやすい住宅づくりが可能です。

*多くの家を見て参考にする
1から新築を設計・建築する際は、イメージが湧きにくいものですが、実際にある家を参考すると良いかもしれません。
モデルハウスに行くのもおすすめですが、実際に最近家を建てた人が身近にいる場合は、住み心地もあわせて聞いてみると良いでしょう。

*分からないことは業者に質問する
疑問を残したまま家づくりを進めていくと、後々後悔するだけでなく、トラブルにつながる可能性があります。
分からないことがあれば、打ち合わせの場で解決しましょう。

□まとめ
新築で気を付けるポイントをご紹介しました。
完璧な住宅を設計・建築するのは難しいですが、本記事で紹介した失敗例と気を付けるポイントを参考にすることで、少しでも理想に近い家づくりができるでしょう。
新築住宅についてご不明な点がございましたら、お気軽に当社までお問い合わせください。

注文住宅で土地探しをしている方にポイントを解説します!

注文住宅で土地をお探しの方はいらっしゃいませんか。
土地探しは簡単ではないですよね。
しかし、流れさえつかめばその悩みも解消できます。
そこで今回は、注文住宅の土地探しのポイントを解説します。

□土地探しで失敗しないためのポイントについて

土地探しには重要なポイントがあるのをご存知でしたか。
以下に、土地探しで失敗しないためのポイントについて見ていきましょう。

まずはじめのポイントは、土地探しの前に準備をすることです。
失敗しないようにするためには事前の準備を整えておく必要があります。
一旦希望が通るかは置いておき、自分の希望を洗いざらい出して、そこから優先順位をつけましょう。
家族でも何を優先するかはっきりさせておくことで後から困ることがないでしょう。

次に、土地の予算を決めることです。
注文住宅では、土地の購入費と建物にかかる建築費の合計が住宅購入の予算となっています。
このとき土地購入にはどのくらいのお金使うのか、建築費にはどのくらいのお金を使うのかを決めておくことで、スムーズに物事が進むでしょう。

古家が付いているか、建築条件が付いているかなどの土地のチェックも入念にしておきましょう。
更地で販売している土地もあれば、古家つきの土地もあります。
実際に建っている建物を見られるという点ではイメージがしやすいので良いでしょう。
また、リフォームやリノベーションなどの手配をすれば、費用を抑えて住めるのでそのことも頭に入れておいても良いかもしれません。

□土地探しにおける注意点とは

ここからは、土地探しにおける注意点を見ていきましょう。
注意点を3つ紹介します。

1つ目は、建ぺい率と容積率を確認することです。
建ぺい率とは、土地の面積に対する建物の建築面積の割合で、容積率とは延床面積の割合のことです。
この2つの割合によって、敷地に対してどのくらいの広さの家を建てられるのか、何階の家を建てられるのかが決まるのでしっかり確認しておきましょう。

2つ目は、高さ制限や日陰規制などの建築制限があるかをチェックすることです。
土地の広さや形、方角、面する道路条件などによってさまざまな建築制限があります。
希望のお家を建てたいときに引っかかってしまわないか確認するようにしてください。

□まとめ

今回は、注文住宅の土地探しのポイントを解説しました。
注文住宅の失敗しないポイントを見てきましたが、知っているか知らないかの差は大きいでしょう。
ポイントをしっかり把握して対策を練っておくことをおすすめします。
もし何かわからないことがあればお気軽に当社にご相談ください。

注文住宅の間取りを考え中!決め方を解説します!

「注文住宅の間取りをどのようにすれば良いかわからない。」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
間取りは今後住むおうちの中でも優先的に考える必要があるところですよね。
そこで今回は、注文住宅の間取りの決め方を解説します。

□間取りの決め方のポイントについて

おうちを建てるときに間取りは優先事項ですよね。
しかし、納得のいく間取りを決めるのは簡単ではありません。
そこで間取りの決め方のポイントを見ていきましょう。
注文住宅の間取りを作成するには7つのポイントがあります。

1つ目は、家族の意見を整理することです。
おうちに1人で住むわけではないので、家族の意見は必要となりますよね。
誰がどのような場所が欲しいかを聞き出し、使いやすくなるところ、不便になるところをまとめておくと分かりやすいでしょう。

2つ目は、家族構成を考えることです。
今後どのように住んでいきたいかを話し合って、間取りを決めることも大切でしょう。

3つ目は、実際に住宅展示場に訪れることです。
想像するのはできますが、どのくらいの広さや高さなのかを体験することによって、感覚が変わってくるでしょう。

4つ目は、優先順位を決めることです。
何が必要なのかをまとめたら、その中からどれが大切なのかの順番を決めましょう。
このときに費用についてもきちんと考えるようにしましょう。

5つ目は、動線を考えることです。
欲しいものが決まって、配置を考えたときに「これだと動きにくい」というものも出てきます。
今後住んでいく中で快適に過ごすためにも動線を考えることには重きを置くべきでしょう。

6つ目は、コンセントの位置を決めることです。
コンセントの位置もおうちの快適さを左右します。
具体的に電化製品を使うイメージを持って考えるようにしましょう。

7つ目は、収納を決めることです。
家電や洋服など季節によって使わないものはしまっておいた方がすっきり見えますよね。
収納スペースの収納率を参考に考えてみてください。

□間取り計画の注意点について

ここからは注意点についてみていきましょう。
よく失敗するのがコンセントの位置です。
先ほどのポイントの6つ目でもお伝えしましたが、コンセントはおうちの過ごしやすさを左右します。
どこにどうあれば便利なのか注意して考えるようにしましょう。

またおしゃれな間取りにこだわりすぎない方がいいでしょう。
おしゃれだと最初はすてきだと思うかもしれませんが、実際に住んでみると不便なこともあります。
快適さを求めることも頭に入れておきましょう。

□まとめ

今回は、注文住宅の間取りの決め方を解説しました。
紹介した間取りの決め方のポイントを気にしながら間取りを決めてみてください。
今回の記事が参考になれば幸いです。