注文住宅の間取りにお悩みの方必見!便利なウォークインクローゼットを徹底解説!

注文住宅の間取りについてお考えの方にぜひ知っていただきたいのが、ウォークインクローゼットです。
こちらは、人が歩いて入れるほどの幅広い収納力を持っているので、きれいに収納をしたい方におすすめです。
そこで今回は、ウォークインクローゼットについて徹底解説します。

□ウォークインクローゼットのメリットをご紹介

ウォークインクローゼットの備え付けのメリットをいくつかご紹介します。
1つ目は、収納のスペースの中で着替えられることです。
歩けるほどの広さがあるので、必要なものやコーディネートをパッと一覧できるでしょう。
またその場でお着替えや身支度も速やかに済ませられます。
扉を閉めれば、外の部屋に誰かがいても気にせずに着替えられますね。

2つ目は、衣類の収納力や使いやすさです。
収納スペースの中がある程度広く収納力があり、ご自身の好みに合わせて収納スペースをカスタマイズできます。
そのため、衣類の他にも、収納に困る大きなスーツケースやキャリーバッグなども収納が可能でしょう。
また季節ごとや色ごと、アイテムごとなど、自分の使いやすいようにカスタマイズできるのも良いですね。

3つ目は、部屋がとてもスッキリすることです。
タンスなどの収納グッズを部屋に置かなくて済むため、部屋を広々と使えます。
また空間がスッキリして整っていると、よくリラックスできるだけでなく、新しいことにチャレンジしたくなったり、友人を家に呼んで楽しく過ごしたりしたくなるでしょう。

□ウォークインクローゼットの広さや種類について

実は、ウォークインクローゼットにも間取りがあることをご存知でしょうか。
一般的な広さは、2畳から3畳ほどと言われていますが、収納したい物の量によって必要な広さが変わってきます。
収納スペースの広さを決める際は、まず収納したい物の量を決めましょう。
また主に1型や2型、コの字型、L字型の4種類のタイプがあります。

1型は、片側にしか収納スペースがありませんが、通路幅に余裕があり、衣服や荷物の取り出しがスムーズにできます。
2型は、衣服が取り出しづらいデッドスペースがなく、1型よりも収納できることで人気があります。
コの字型やL字型は文字通りの形をしていて、デッドスペースがありますが、収納できる量はかなり多いと言えるでしょう。
ご自身で間取りを決められる場合もあるので、この4種類を参考にご自身に合う新しい型を考えてみても良いですね。

□まとめ

今回は、ウォークインクローゼットについて徹底解説しました。
部屋がスッキリしていると、時間と心に余裕が生まれます。
これを機にウォークインクローゼットを備え付けて部屋をスッキリしてみてはいかがでしょうか。