注文住宅の予算の相場とは?徹底解説します!

注文住宅の予算を決めたいと思っていてもすぐには決められない方は多いですよね。
この記事では注文住宅の予算の相場について詳しく解説します。
予算の相場がわからない方はぜひ参考にしてみてください。

□注文住宅の費用の内訳について

注文住宅の予算は、そう簡単には決められませんよね。
そこで、どのようなことにどのくらいの値段を使っているのか内訳を見ていきましょう。

まずは、土地の購入費用についてです。
注文住宅を建てるときに多くの割合を占めるのがこの費用です。
すでに土地を持っているのであれば、この費用は必要ありません。
しかし、地盤が弱かったり、整備されていなかったりすると、その分の整備費用がかかるので気をつけてください。

次に、建築費用です。
建築費用は具体的に、基礎工事や外装工事、内装仕上げなどの一戸建てのおうちを完成させるのに必要な工事の費用が全てかかります。
どのような工事をするかによっても費用が変わってくるので頭に入れておきましょう。

そして、最後に諸手続き費用がかかります。
一戸建てを取得するときには、土地や建物が誰のものであるかをはっきりさせるために「登記」を行う必要があります。
そのときに登録免許税、司法書士報酬、その他実費の3つの費用がかかります。
これら3つの事柄を含めて予算内に抑える必要があるので、注文住宅を購入する際はきちんと把握しておくようにしてください。

□具体的な予算の相場について

ここからは具体的な予算の相場を見ていきましょう。

まずは1000万円台の予算についてです。
設備や資材を低コストに抑えることで1000万円台で注文住宅を建てられます。

コストを抑えたら品質が落ちると思ってしまいますが、そんなことはありません。
シンプルな形のおうちは無駄なところが少ないので、土台が安定しやすく快適に暮らせます。
1000万円台からでも注文住宅を考えられるのはコスト削減ができて良いですね。

2000万円台のおうちは、デザインや設備の選択肢が広がります。
しかし、予算オーバーになりやすい価格帯でもあります。
資材や設備を選ぶときはメリハリをつけて選ぶようにしましょう。

3000万円台は注文住宅を建てるときの平均的な価格です。
設備もランクを上げて適用できます。
選択肢が広がり悩むところが増えるかもしれませんが、それもまた楽しみのひとつでしょう。

4000万円台は、設備や資材も豪華なものを選べます。
デザインや性能にこだわって選べるので、おうちを建てるときにいろいろなところに楽しみが生まれるでしょう。
しかし、外観にこだわりすぎて不便にならないようご注意ください。

□まとめ

今回は、注文住宅の予算の相場について詳しく解説しました。
何にどのくらいの費用がかかっているのかがご理解いただけたでしょうか。
また、具体的な注文住宅の費用も把握できたのではないでしょうか。
今回の記事を注文住宅の予算の相場を決める参考にしてみてください。

新築を購入したい方へ!戸建てのデザインはどんなものがおすすめ?

「新築のおうちのデザインをどのようにしようか迷っている。」
「家のデザインはどこにこだわれば良いのだろう。」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
デザインは、家の印象を決める大事な部分ですよね。

そこで今回は、一戸建てのデザインはどのようなところにこだわれば良いのか紹介します。

□新築の外装デザインについて

家のデザインを決めるのは難しいですよね。
特に、外装デザインは周りの人にも見られるので重要になってきます。
そこで、外装デザインの何をこだわれば良いのか見ていきましょう。

まずは、家の形です。
外装デザインを決める重要な要素の1つですね。
家の形には平家型や箱型、縦長の形や横長の形などいろいろな形があります。
土地や家の間取りによっても左右されるので、そこを考慮してどのような形の家にするか決める必要があります。

また、屋根の形によっても家の形は変わってきます。
屋根はデザインももちろん重要ですが、機能性を重視して選ぶ方が良いでしょう。
家の形と屋根の形状はつながっているので、このことについて頭に入れておくようにしましょう。

次に、窓についてです。
窓をどこに配置するかも重要な要素です。
家に何枚必要なのか、どの形の窓が良いのか、どこにあれば通気性も良くて外見もよく見えるのかなど、全てを考えながら設置するようにしてください。

最後の要素としては外壁です。
外見を決める最も重要なポイントです。
どのような外壁の資材を使うのか、色合いはどのようにするかなど個性が出るところでもあるので、家族の意見を踏まえた上で決めるのが良いでしょう。

□外装デザインの重要点について

外装デザインでこだわる必要があるのが、窓の高さや垂直のラインなどの細部を揃える・整えることです。
小さくてあまり目立たないことかもしれませんが、この細かい部分がおうちの外観を左右しています。

通りかかった人がお家を見たときにおしゃれであったり、美しいであったりということを思うのは、この細部の配慮があってからこそ生まれてくるものです。
大まかな部分ももちろん重要ですが、細かい部分にまで気を使うことで自分の家をもっと好きになるのではないでしょうか。

□まとめ

今回は、一戸建てのデザインはどのようなところにこだわれば良いのか紹介しました。
おうちの印象は外装のデザインで決まると言ってもいいほど外観の印象は重要になってくることが理解できたのではないでしょうか。
もしご不明なところがありましたらお気軽にご相談ください。

注文住宅の間取りにお悩みの方必見!便利なウォークインクローゼットを徹底解説!

注文住宅の間取りについてお考えの方にぜひ知っていただきたいのが、ウォークインクローゼットです。
こちらは、人が歩いて入れるほどの幅広い収納力を持っているので、きれいに収納をしたい方におすすめです。
そこで今回は、ウォークインクローゼットについて徹底解説します。

□ウォークインクローゼットのメリットをご紹介

ウォークインクローゼットの備え付けのメリットをいくつかご紹介します。
1つ目は、収納のスペースの中で着替えられることです。
歩けるほどの広さがあるので、必要なものやコーディネートをパッと一覧できるでしょう。
またその場でお着替えや身支度も速やかに済ませられます。
扉を閉めれば、外の部屋に誰かがいても気にせずに着替えられますね。

2つ目は、衣類の収納力や使いやすさです。
収納スペースの中がある程度広く収納力があり、ご自身の好みに合わせて収納スペースをカスタマイズできます。
そのため、衣類の他にも、収納に困る大きなスーツケースやキャリーバッグなども収納が可能でしょう。
また季節ごとや色ごと、アイテムごとなど、自分の使いやすいようにカスタマイズできるのも良いですね。

3つ目は、部屋がとてもスッキリすることです。
タンスなどの収納グッズを部屋に置かなくて済むため、部屋を広々と使えます。
また空間がスッキリして整っていると、よくリラックスできるだけでなく、新しいことにチャレンジしたくなったり、友人を家に呼んで楽しく過ごしたりしたくなるでしょう。

□ウォークインクローゼットの広さや種類について

実は、ウォークインクローゼットにも間取りがあることをご存知でしょうか。
一般的な広さは、2畳から3畳ほどと言われていますが、収納したい物の量によって必要な広さが変わってきます。
収納スペースの広さを決める際は、まず収納したい物の量を決めましょう。
また主に1型や2型、コの字型、L字型の4種類のタイプがあります。

1型は、片側にしか収納スペースがありませんが、通路幅に余裕があり、衣服や荷物の取り出しがスムーズにできます。
2型は、衣服が取り出しづらいデッドスペースがなく、1型よりも収納できることで人気があります。
コの字型やL字型は文字通りの形をしていて、デッドスペースがありますが、収納できる量はかなり多いと言えるでしょう。
ご自身で間取りを決められる場合もあるので、この4種類を参考にご自身に合う新しい型を考えてみても良いですね。

□まとめ

今回は、ウォークインクローゼットについて徹底解説しました。
部屋がスッキリしていると、時間と心に余裕が生まれます。
これを機にウォークインクローゼットを備え付けて部屋をスッキリしてみてはいかがでしょうか。

注文住宅の間取りは失敗したくない!後悔しないためにコツを押さえておこう!

決して安いとは言えない買い物だけに、絶対に失敗したくないのが注文住宅の間取りですよね。
後悔しない間取りのポイントやコツはどこにあるのでしょうか。
注文住宅をお考えの方に向けて、注文住宅の間取りの失敗や後悔しないためのコツをご紹介します。

□間取りの中でも特に失敗しないよう注意すべき部屋とは

1つ目は、最優先して考えるべきLDKの中の配置です。
LDKとは、リビング(居間)とダイニング(食堂)、キッチン(台所)が合わさった間取りを指します。
家族にとってLDKの空間は、家族みんながゆったりとくつろぎながら団らんしたり、お食事を楽しんだりしたりする場所です。
家族が最も時間を過ごす重要な部屋と言えるでしょう。

またLDKは、部屋が広さと家具や家電とのバランスが合わないという失敗談をよく聞きます。
LDKの間取りを考える際は、人の移動の流れや視線、コミュニケーションを取りやすい空間かどうかを意識して部屋のバランスを考えると良いでしょう。

2つ目は、デザイン性よりも実用性が大切なキッチンや風呂、洗面所などの水回りです。
毎日生活するうえで必要な空間なので、やはり使い勝手がよくて簡単に家事ができるようにしたいものですよね。
水回りの間取りの失敗例として使いづらいことや効率性の悪さがよく挙げられます。
まずは、実際の生活の流れをイメージしてみて、効率性や使いやすい間取りを考えてみましょう。

3つ目は、寝室や書斎、趣味の部屋などのプライベートルームです。
プライベートルームは、個人が落ち着いて過ごすための大切な部屋です。
使う時間や利用目的に合わせて、精神が落ち着く空間にできるように心がけましょう。

□間取りの失敗を防ぐコツをご紹介

*賃貸や今の住まいの不満を調べる

注文住宅を検討する際は、現在の住まいに何かしらの不満があることが多いです。
新しい家に住んでも、その不満が解消されていなければ失敗に終わってしまうでしょう。
今住んでいる家の不満を解決するアイデアを家族で考えてみると良いかもしれませんね。

*周辺環境を把握・考慮する

間取りを考える際、家の中のことだけを考えがちですが、家の周辺環境を理解することも大切です。
例えば、日当たりや周辺の建物との位置関係、周りの車や人の交通量などが挙げられます。
意外と周辺環境の影響に気づかず、後々に悩まれる方が多いので、何度も周辺環境について調べて把握しておきましょう。

*モデルハウスや建築実例を活用する

間取りの失敗のほとんどが、イメージしていたものとの違いによるものです。
実際の間取りを体験してみたり、他の建築実例を参考にしてみたりして、図面とイメージの擦り合わせをしておきましょう。

□まとめ

今回は、注文住宅の間取りの失敗や後悔しないためのコツをご紹介しました。
間取りを考える際は、事前準備やシミュレーションを入念に行うことが大切です。
これを機にご自身の理想とする間取りについて考えてみてはいかがでしょうか。