注文住宅の間取りにお悩みの方へ!収納を考えるポイントと収納例をご紹介

注文住宅検討する場合、収納は重要な要素の1つです。
収納をうまく活用することで、すっきりとした部屋にできるでしょう。
ここでは注文住宅の間取りについてお悩みの方に向けて、収納のポイントや収納例についてご紹介します。

□収納のポイントを押さえよう

まず、収納を考える際には「何を収納するか」を考えましょう。
下着などの衣類は普段見えない方が良いため、扉を設けます。
また、普段よく出し入れするものは、出し入れがしやすい位置に収納を作ると良いでしょう。
このようにあらかじめ収納するものを決めておくことで、収納の形が決まります。

次に、「浅く広く」作ることを意識しましょう。
奥にしまうと、手前のものをどけてから取り出す必要があります。
そのため、収納は奥行きよりも幅がある方が使いやすいです。

作り置き収納の場合、奥行きが浅くても固定されているため安定感があります。
そのため、十分な幅を持たせた収納にできるでしょう。

最後に、「将来を考える」ことです。
作り付け収納は固定されるため、収納場所の変更に柔軟に対応できません。
家族編成や子供の成長に合わせて、収納の位置を考えましょう。

□おすすめの収納例をご紹介

では、収納スペースにはどのような種類があるのでしょうか。
ここで何種類か押さえておき、設計時の参考にしましょう。

まずは、ウォークインクローゼットです。
ウォークインクローゼットとは、人が入れるスペースがあるクローゼットのことです。
洋服はもちろん、様々なアイテムをまとめて収納できます。

レイアウトも2列型やL字型があり、間取りスペースの余裕によって適切なタイプが変わるでしょう。
このクローゼットは洋服を全てまとめて収納できるため、模様替えが不要というメリットがあります。

次に、壁面収納です。
壁全体を収納にすることで、コンパクトな収納スペースにできるでしょう。
壁面収納では、テレビやオーディオのスペースを、あらかじめ設計に組み込んでおくといった例もあります。

最後に、パントリーです。
パントリーとは、「食品庫」と訳されることの多い収納スペースです。
このスペースがあることで、キッチンがすっきりするでしょう。
また、災害時用の備蓄ができるといった点でもおすすめです。

□まとめ

収納スペースの活用の仕方によって、部屋の印象は大きく変わります。
収納にこだわりたい方は、ウォークインクローゼットやパントリーを間取りに組み込みましょう。
すっきりした部屋は、暮らしの快適さにつながります。

PageTop