自然素材を使った注文住宅にしませんか?今人気な理由と素材の特徴をご紹介します

「環境に優しいお家を建てたい。」
「自然が溢れる注文住宅に住みたい。」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
近年、環境や健康、エコを意識した取り組みが日常的に見られるようになりました。
今回は、自然素材を使った注文住宅が人気な理由と素材の特徴をご紹介します。

□注文住宅において自然素材が人気な理由とは

近年、自然素材にこだわってお家を建てる方が増えてきています。
木の優しい温もりで包まれた居心地の良いお家で住みたいと考える方も多いでしょう。
そこで昔ながらの自然素材が最近人気を集めている理由について解説します。

その理由の1つ目は、空気中に発散する木の香りの成分のことでよく知られているフィトンチッドの効果です。
フィトンチッドの効果には、リラックス効果だけでなく、消臭効果やアルファ波効果、防カビ、防菌効果もあると言われています。
空気中の臭い物質や生活臭と木の香り成分が反応して、天然の力で匂いを消してくれます。
またフィトンチッドが脳内にあるアルファ波を増加させることで、気分が落ち着いたり、集中力が上がったりする効果も魅力的でしょう。
リラックスしたいお家に森林浴効果があるのは、嬉しいですね。

2つ目は、夏は涼しく、冬は暖かくしてくれる自然の断熱効果です。
木材の断熱性は、コンクリートの約15倍から20倍あると言われています。
木材の細胞の空洞部分が、空気で満たされているので熱が伝わりにくいです。
そのため、木材の種類でも空気を多く含む杉のような軽い素材ほど断熱性が高いと言えるでしょう。

3つ目は、耐久性に優れていることです。
木材は、鉄やコンクリートの素材に比べて耐久性が弱いイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。
実は、木材は、伐採された後も呼吸を続けながら固化するため、より強度が増していきます。
日本最古の木造建築物である法隆寺五重塔などが約1400年以上も経ち続けていることから、耐久性が非常に高いことが分かりますね。

□自然素材の種類をご紹介

自然素材といえば、木材のイメージを持つ方が多いかもしれませんが、他の自然素材の例として、漆喰が挙げられます。
漆喰とは、水酸化カルシウムを主成分とした塗り壁材のことです。
漆喰壁は、木材と同じように呼吸しているため、湿気の多い湿度を調整してくれたり、お部屋の結露予防をしてくれたりするでしょう。
実は漆喰や木材だけでなく、珪藻土やセルロースファイバー等の他の自然素材も断熱性や気温調整に優れていると言われています。

□まとめ

今回は、自然素材を使った注文住宅が人気な理由と素材の特徴をご紹介しました。
自然素材が人気なのは、環境に優しいだけでなく、多様な機能性に優れていることも大きな理由の1つと言えるでしょう。
これを機に昔から使われている自然素材の魅力を知っていただけると幸いです。

注文住宅の土地探し!チェックするべきポイントと注意点をご紹介します

「注文住宅の土地探しをするとき、何に気を付けて探せば良いか知りたい。」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
そこで今回は注文住宅の土地探しのポイントと注意点をご紹介します。
土地を購入した後に後悔しないように、事前に土地探しのポイントと注意点を把握しておきましょう。

□土地探しの際にチェックするべきポイントをご紹介

良いなと思った土地を見つけたら、その土地の現場を実際に見に行きますよね。
現場を訪れる前に土地について調べると思いますが、現場でも確認しておくべき項目がいくつかあります。

1つ目は、日当たりの良さです。
日当たりの良さは、方角や日射角度で左右されますが、それだけでなく、時間帯によっては周囲の建物に影響されます。
朝、昼、夕などに時間帯に分けて、現地に訪れてみて日当たりの違いを見ておくと良いかもしれません。
季節によっては、日照角度が低い場合があるので周辺に高い建築物がないかも調べておきましょう。

2つ目は、隣地との境界線です。
地積測量図や境界確認書がある土地では、現場で隣地との境界線を確認できます。
経年により現地で確認できない場合は、隣地との境界を示す境界標を設置できます。
境界標がないと、隣地の方がフェンスや板塀を建て替える際に少し境界線を超えていることや、土地からはみ出して迷惑を受けることがあり、後にトラブルになることもあるでしょう。

3つ目は、古家があるかどうかです。
土地だけの値段で販売されている場合でも、中には古家が残っている物件があります。
現状渡しが条件で、取り壊しや滅失登記を買主がご自身で行わないといけない場合もあります。
取り壊しや滅失登記にかかる費用を確認したうえで、土地の販売価格が適正かどうか判断しましょう。

□土地探しの注意点とは

実は、土地を決める前に知っておきたい注意点がいくつかあります。
1つ目は、建ぺい率と容積率の言葉を理解しておくことです。
これらは、土地探しをする際によく目にする言葉ですが、言葉の意味をご存知でしょうか。
建ぺい率とは敷地面積に対して建物が建てられる面積の割合であり、容積率とは敷地面積に対して建物が建てられる延べ床面積の割合のことです。
建築では、法律などで規制が設けられているので、規制に関わる代表的な言葉の意味を理解しておきましょう。

2つ目は、高さ制限や日陰規制などの建築制限です。
土地の広さや、形、方角、道路条件、市区町村の景観法による高さ制限や、色彩制限など様々な建築制限が設けられています。
建築制限を違反してしまうと、近隣の方に多大な迷惑を与えることになります。
建てようと思っている理想の家が制限に引っかからないかどうか確認しておきましょう。

□まとめ

今回は、注文住宅の土地探しのポイントと注意点をご紹介しました。
ぜひこの記事を参考にして注文住宅の土地探しをしてみてください。
注文住宅で何か気になることがありましたらお気軽にご連絡ください。

注文住宅の間取りにお悩みの方へ!収納を考えるポイントと収納例をご紹介

注文住宅検討する場合、収納は重要な要素の1つです。
収納をうまく活用することで、すっきりとした部屋にできるでしょう。
ここでは注文住宅の間取りについてお悩みの方に向けて、収納のポイントや収納例についてご紹介します。

□収納のポイントを押さえよう

まず、収納を考える際には「何を収納するか」を考えましょう。
下着などの衣類は普段見えない方が良いため、扉を設けます。
また、普段よく出し入れするものは、出し入れがしやすい位置に収納を作ると良いでしょう。
このようにあらかじめ収納するものを決めておくことで、収納の形が決まります。

次に、「浅く広く」作ることを意識しましょう。
奥にしまうと、手前のものをどけてから取り出す必要があります。
そのため、収納は奥行きよりも幅がある方が使いやすいです。

作り置き収納の場合、奥行きが浅くても固定されているため安定感があります。
そのため、十分な幅を持たせた収納にできるでしょう。

最後に、「将来を考える」ことです。
作り付け収納は固定されるため、収納場所の変更に柔軟に対応できません。
家族編成や子供の成長に合わせて、収納の位置を考えましょう。

□おすすめの収納例をご紹介

では、収納スペースにはどのような種類があるのでしょうか。
ここで何種類か押さえておき、設計時の参考にしましょう。

まずは、ウォークインクローゼットです。
ウォークインクローゼットとは、人が入れるスペースがあるクローゼットのことです。
洋服はもちろん、様々なアイテムをまとめて収納できます。

レイアウトも2列型やL字型があり、間取りスペースの余裕によって適切なタイプが変わるでしょう。
このクローゼットは洋服を全てまとめて収納できるため、模様替えが不要というメリットがあります。

次に、壁面収納です。
壁全体を収納にすることで、コンパクトな収納スペースにできるでしょう。
壁面収納では、テレビやオーディオのスペースを、あらかじめ設計に組み込んでおくといった例もあります。

最後に、パントリーです。
パントリーとは、「食品庫」と訳されることの多い収納スペースです。
このスペースがあることで、キッチンがすっきりするでしょう。
また、災害時用の備蓄ができるといった点でもおすすめです。

□まとめ

収納スペースの活用の仕方によって、部屋の印象は大きく変わります。
収納にこだわりたい方は、ウォークインクローゼットやパントリーを間取りに組み込みましょう。
すっきりした部屋は、暮らしの快適さにつながります。

注文住宅購入をご検討中の方必見!キッチンの選び方を解説します

注文住宅の間取りを決める際に、キッチンの種類や間取りについてお悩みの方は多いのではないでしょうか。
キッチンは毎日使う場所だからこそ、選び方には注意が必要です。
そこで今回は、キッチンを選ぶ上で気を付けておきたい種類や間取りについてご紹介します。

□まずはIHかガスどちらにするか決めよう

キッチンを設置する上で最初に決める必要があるのは、「IHかガスか」です。
様々な視点で、両者を比較してみましょう。

まずは、調理のしやすさです。
使用する人にもよりますが、一般的には「ガスコンロの方が使いやすい」という意見が多いようです。
例えばIHの場合、フランベをする際にライターを使う必要があり、ガスコンロよりも手間がかかります。
さらに、火の強さを目視で確認できないといった点も、IHの方が調理しにくい点の1つとして考えられるでしょう。

次に、掃除のしやすさです。
IHはフルフラットであるため、掃除はさっと拭くだけで完了します。
そのため、ガスコンロよりもIHコンロの方が掃除はしやすくなります。
また、魚を焼くグリルもIHの方が掃除しやすいでしょう。

この他に、安全面といった点でもIHの方に分があります。
これは、IHでは火を使わずに調理できることが理由です。

□キッチンの間取りと種類を決めよう

次に、キッチンの間取りと種類を決めましょう。

まずキッチンの間取りには、オープンキッチン・クローズドキッチン・セミオープンキッチンの3種類があることを押さえておきましょう。

オープンキッチンとは、リビング・ダイニングの間に仕切りがない間取りです。
クローズドキッチンとは、独立した間取りです。
そして、セミオープンキッチンとは両者の特徴を兼ね備えたキッチンです。
開放感を意識するのか、料理の集中のしやすさを意識するのかといった点で、選ぶ間取りは変わるでしょう。

さらにキッチンには、Ⅰ型・Ⅱ型・L型・U型といった種類があります。
この型というのは、レイアウトの形を表します。
例えば、Ⅱ型はシンクとコンロが2列に並列したもので、L型とはL字にシンクとコンロが設置されたものです。
レイアウトの種類は、スペースや動線といった点から考えましょう。

□まとめ

キッチンを決める際には、「IHかガスか」に始まり、種類や間取りに至るまで様々な要素について決める必要があります。
どれを選ぶのかは、開放感や動線を考慮して決めると良いでしょう。
またお子様がいる家庭では、安全面やコミュニケーションといった面から考える必要があるかもしれません。