注文住宅で子供部屋はどうする?考えるポイントをご紹介します

子供にとって、子供部屋のあり方は成長する上で重要な要素です。
子供が自立した後も、その部屋は思い出の場所になるでしょう。
そのため、注文住宅について検討する際に、子供部屋の間取りは多くの方が悩むポイントです。
そこで今回は、子供部屋で考えるべきポイントについてご紹介します。

□時期によって子供部屋は使い方が変わる

子供部屋は、時期によって考えるポイントが変わります。

まず、子供は赤ん坊から幼児になるまでの間は、常に親の目の届く位置にいたがります。
そのため、独立した子供部屋は必要ないでしょう。
必要なスペースとしては、親と一緒に遊べる場所とそこで使う物の収納場所です。
そのため、そういったスペースをリビングやダイニングに設置すると良いでしょう。

次に、子供が小学生の時期です。
家庭の教育方針によってさまざまですが、この時期から個室を設ける場合もあるでしょう。
しかし、兄弟がいる場合は勉強や遊ぶスペースを一緒にすることもあるようです。

続いて、子供が中学生・高校生の時期です。
この時期は思春期でデリケートな時期であるため、個室のプライベートな空間が必要になるでしょう。

そして、子供が大学生になり、自立すると子供部屋は空き部屋になります。
その際に、ゲストルームとして活用したり、趣味室として活用したりする例が挙げられます。
子供が巣立った後のことまで考えて、間取りの設計を考えると良いでしょう。

□理想の子供部屋にするためのポイントとは?

理想の子供部屋にするためには、子供の成長によって用途を変える必要がありました。
この他にもさまざまなポイントがあるため、ここで確認しておきましょう。

まずは、子供の人数や性別によって考える必要があることです。
子供が複数いる場合は、人数に合わせた子供部屋の設置ができないかもしれません。
その場合、相部屋や簡易的な仕切りを考える必要があるでしょう。
また、性別が異なる場合は、それぞれの子供部屋を用意する必要がありそうです。

他に、広さについても考える必要があります。
子供部屋には机が必要な場合が多いため、スペースが限られます。
そのため、学習机とベッドが一体になったタイプや造り付けの机を利用することで、スペースを広く使えるでしょう。

□まとめ

子供を持つ家庭にとって、子供部屋の間取りは非常に重要な要素でしょう。
成長によって変化する子供部屋のあり方を、しっかりイメージする必要があります。
理想の子供部屋にするためにも、以上のようなポイントに気を付けて間取りを考えましょう。

PageTop