注文住宅をお考えの方へ!間取りのポイントは動線を考えること!

注文住宅をご検討の方の中に、間取りでお悩みの方は多いでしょう。
その際に注目するポイントの1つに、家事動線が挙げられます。
洗濯・調理・掃除といった家事は毎日行う習慣であるため、これらを行う場所の接続は意識する必要があります。
暮らしを快適にするためにも、家事動線を意識した間取りを考えましょう。

□家事動線を整理しよう

まず、家事を行う場所の間取りを考えましょう。
家事動線は短ければ短いほど、家事がスムーズに行えます。

例えば、キッチン周りでの動線です。
調理する際の冷蔵庫・シンク・調理台・コンロの間の距離を短くできれば、効率よく調理が行えます。
そのために、それぞれの配置を横一直線ではなく三角形を描くように設計しましょう。
その際に、冷蔵庫やレンジといった家電の配置も、合わせて検討することをおすすめします。

次に、洗濯を行う際の動線です。
洗濯では「洗う」「干す」「収納する」といった作業を行います。
そのため、洗濯機・物干し場・クローゼットの配置に気を配る必要があるでしょう。

その中でも物干し場の配置が、動線を大きく左右します。
屋上や2、3階に物干し場を設置する際は、洗濯と収納のスペースの配置に注意しましょう。

この他にも、トイレやお風呂、洗面台の動線も考える必要があります。
プライバシーといった面も合わせて、慎重に検討するべきポイントです。

□様々な家事動線の工夫とは?

では、家事動線には具体的にどのような工夫があるのでしょうか。
いくつかのアイデアを、ここで押さえておきましょう。

まずは、対面式のオープンキッチンです。
キッチンとリビング・ダイニングの間の仕切りがないため、周りを広く見渡せます。
お子様がいる家庭では、特におすすめのキッチンの間取りでしょう。

次に、パントリーにつながった駐車スペースです。
食料品を保管するパントリーと、駐車スペースがつながっていると便利です。
というのも、買った荷物の持ち運びが容易になるからです。

また、ファミリクロークも押さえておきましょう。
家族一緒のクローゼットにすることで、動線を減らせます。
また、玄関の近くに設置すると外出・帰宅時の着替えも容易でしょう。

この他にも様々な家事動線の工夫があるため、各自で事例をチェックしてみてください。

□まとめ

家事動線は、生活する上で非常に重要な要素です。
暮らしを快適にするためには、家事など普段の生活をイメージすることが大切です。
動線を短くするためには、それぞれの間取りを慎重に考える必要があるでしょう。

注文住宅で子供部屋はどうする?考えるポイントをご紹介します

子供にとって、子供部屋のあり方は成長する上で重要な要素です。
子供が自立した後も、その部屋は思い出の場所になるでしょう。
そのため、注文住宅について検討する際に、子供部屋の間取りは多くの方が悩むポイントです。
そこで今回は、子供部屋で考えるべきポイントについてご紹介します。

□時期によって子供部屋は使い方が変わる

子供部屋は、時期によって考えるポイントが変わります。

まず、子供は赤ん坊から幼児になるまでの間は、常に親の目の届く位置にいたがります。
そのため、独立した子供部屋は必要ないでしょう。
必要なスペースとしては、親と一緒に遊べる場所とそこで使う物の収納場所です。
そのため、そういったスペースをリビングやダイニングに設置すると良いでしょう。

次に、子供が小学生の時期です。
家庭の教育方針によってさまざまですが、この時期から個室を設ける場合もあるでしょう。
しかし、兄弟がいる場合は勉強や遊ぶスペースを一緒にすることもあるようです。

続いて、子供が中学生・高校生の時期です。
この時期は思春期でデリケートな時期であるため、個室のプライベートな空間が必要になるでしょう。

そして、子供が大学生になり、自立すると子供部屋は空き部屋になります。
その際に、ゲストルームとして活用したり、趣味室として活用したりする例が挙げられます。
子供が巣立った後のことまで考えて、間取りの設計を考えると良いでしょう。

□理想の子供部屋にするためのポイントとは?

理想の子供部屋にするためには、子供の成長によって用途を変える必要がありました。
この他にもさまざまなポイントがあるため、ここで確認しておきましょう。

まずは、子供の人数や性別によって考える必要があることです。
子供が複数いる場合は、人数に合わせた子供部屋の設置ができないかもしれません。
その場合、相部屋や簡易的な仕切りを考える必要があるでしょう。
また、性別が異なる場合は、それぞれの子供部屋を用意する必要がありそうです。

他に、広さについても考える必要があります。
子供部屋には机が必要な場合が多いため、スペースが限られます。
そのため、学習机とベッドが一体になったタイプや造り付けの机を利用することで、スペースを広く使えるでしょう。

□まとめ

子供を持つ家庭にとって、子供部屋の間取りは非常に重要な要素でしょう。
成長によって変化する子供部屋のあり方を、しっかりイメージする必要があります。
理想の子供部屋にするためにも、以上のようなポイントに気を付けて間取りを考えましょう。

注文住宅の予算の決め方とは?資金計画が重要

注文住宅の購入には、多額のお金が必要です。
しかし、初めてで分からないことが多いと資金計画を立てるのにも一苦労です。
そこで今回は、注文住宅を建てる際の予算の決め方と費用の内訳についてご紹介します。

□資金計画の進め方をご紹介!

資金計画の進め方は、以下のような4つのステップで行うとスムーズです。

まず、費用の内訳を確認しましょう。
注文住宅の費用は、本体工事費用だけではありません。
電気や水道を引き込む工事費や、登記や住宅ローンの手数料など様々な場面で費用がかかります。
そのため、最初に全ての費用が大体どのくらいなのかを把握することが大切です。

次に、ライフプランを考えましょう。
例えば、お子さんがいるのであれば学校に通うための費用、老後を考えると生活費の蓄えが必要です。
住宅ローンを完済できるように、こういったライフプランを考えることも大切です。

続いて、頭金をどのくらい用意するかを考えましょう。
頭金が多ければ多いほど、後のローン返済も楽になります。
しかし、自己資金のほとんどを頭金に使ってしまうと、直後の生活や他の費用の支払いができなくなってしまいます。
そのため、頭金にどのくらい用意するのかをあらかじめ考えておくことが必要です。

最後に、毎月の返済金額を考えましょう。
無理に高額な金額を借りて返済ができなくなると、せっかく購入した家にも住めなくなってしまいます。
そのため、生活に支障をきたさない範囲で毎月の返済金額を決めましょう。

□資金計画の費用の内訳をご紹介!

注文住宅の費用の内訳は、本体工事費用、付帯工事費用、諸費用の3つに分けられます。

*本体工事費用
本体工事費用とは、読んで字の如く、建物の工事本体にかかる費用のことです。
注文住宅を建てる総費用の7割〜8割を、本体工事費用が占めます。

*付帯工事費用
付帯工事費用とは、建物以外の工事にかかる費用です。
例えば電気や水道を引き込む工事費用や、エクステリアの工事にかかる費用のことを言います。
付帯工事費用は、総費用の1割〜2割ほどを占めます。

*諸費用
諸費用とは、住宅ローンの手数料や、登記、引越しにかかる費用です。
これは総費用の1割ほどを占めます。

□まとめ

今回は注文住宅を建てる際の予算の決め方と費用の内訳についてご紹介しました。
注文住宅において間取りや外観も重要ですが、まずはしっかりと資金計画をすることが重要です。
この他にも、ご不明点やご相談などございましたら、当店までお気軽にお声掛けください。

注文住宅をご検討中の方へ!間取りを便利にするコツをご紹介します!

「どうすればより住みやすい間取りになるのか」
注文住宅を購入する際、このように迷っている方もいらっしゃるでしょう。
そこで、今回はより便利な間取りにするコツについてご紹介します。

□キッチンは対面式が便利!

便利なキッチンの間取りの1つとして、対面式のキッチンが挙げられます。
対面式のキッチンを利用すると、オシャレで開放的な空間を作れます。
さらにキッチンにいる際にも、ダイニングやリビングにいる家族の様子が見られることもメリットの1つです。
お子さんの様子をこまめに確認できたり、料理を作りながらでも家族と会話を楽しめたりすることは、嬉しいですよね。

便利な対面式キッチンを間取りに取り入れる際は、3つのポイントを意識しましょう。

1つ目は、開放的にしすぎないことです。
対面式キッチンの長所である開放感ですが、開放的にしすぎると使いづらくなります。
また、匂いがダイニングやリビングにそのまま流れてしまうこともあります。
対面式キッチンをより便利に使うためには、大きめの換気ダクトをつけたり、L字型にしたりすると良いでしょう。

2つ目は、パントリーを近くに設置することです。
対面式キッチンにすると、収納スペースが少なくなってしまったり、無理に収納して汚く見えてしまったりすることがあります。
そのため、収納スペースを作るパントリーを近くに置くことがおすすめです。
そうすると、収納スペースを確保し余裕を持って収納できるため、是非参考にしてみてください。

3つ目は、コンセントの数と配置に気をつけることです。
冷蔵庫を始めレンジやミキサーなど、キッチンでは意外とコンセントを使います。
延長コードを使って数を増やしたりすることも可能ですが、せっかくの開放的なスペースがごちゃごちゃしてしまいもったいないです。
そのため、設計前にコンセントの数と配置を考慮して間取りを決めると良いでしょう。

□間取りを便利にするためのポイントをご紹介!

以下の3つのポイントを押さえることで、より快適な間取りにできます。

第1に、家事の動きに合わせた間取りにすることです。
例えば、生活の中で洗濯をしながら子供の支度をしたり、ご飯を作りながら他の家事を同時にしたりすることもあると思います。
そのような場合に、家事を行う部屋や場所が離れていると大変ですよね。
そのため、家事の動きに合わせた間取りにすることが、負担を減らすために重要です。

第2に、周辺の環境や地形に合わせた間取りにすることです。
例えば、リビングが隣の家や外の道路から丸見えでは、視線が気になりくつろげませんよね。
また、洗濯物を干すベランダはお昼に日光が当たる配置にしなければ、洗濯物が乾きづらいです。
そのため、周辺の環境や地形に合わせた間取りを考えることが重要です。

第3に、年齢を重ねても住みやすい間取りにすることです。
ほとんどの方が家の購入は、一生に一度ですよね。
そのため、歳をとっても生活しやすい間取りになっているのかを考える必要があります。
老後に必要となるスペースや設備を考慮しておくことで、末長く快適に暮らせるでしょう。

□まとめ

今回は、より便利な間取りにするコツについてご紹介しました。
今回ご紹介した情報を、より便利な間取りづくりの参考にしてみてください。
他にもオススメの間取りを知りたい方や、ご相談がある方は、当社までお気軽にお声掛けください。