注文住宅でよくあるトラブルとは?未然に防ぐポイントをご紹介

注文住宅の購入は、人生で最も大きな買い物と言っても過言はありません。
しかし、そのような大切な注文住宅の購入にも、トラブルが起きてしまうことがあります。
そこで今回は、注文住宅でよくあるトラブルと未然に防ぐポイントをご紹介します。

□注文住宅でよくあるトラブルとは

注文住宅では施工後によくあるトラブルとして、以下の3つをご紹介します。

1つ目は、依頼していた住宅イメージと違うというトラブルです。
施行に取り掛かる前に、具体的な住宅イメージを施工会社と共有しますよね。
しかしこの打ち合わせの際に、施工会社へ住宅イメージがうまく伝えられていない場合があります。
そうすると、依頼していた住居のイメージとは異なる住居になってしまったというトラブルに繋がる可能性があります。

2つ目は、施工のミスや不具合があるというトラブルです。
例えば、ドアがスムーズに開かなかったり、塗装にムラがあったりなど、引き渡し後に気付きトラブルになるケースが挙げられるでしょう。

3つ目は、追加工事で多額の工事費を請求されるというトラブルです。
施行中に追加で工事を勧められ、後に高額な支払いを請求され、トラブルになるケースも少なくありません。

□未然にトラブルを防ぐためのポイントとは

それでは次に、以上で紹介した3つのトラブルを未然に防ぐためのポイントをご紹介していきます。

*依頼していた住宅イメージと違う

自分が依頼した住居イメージが、施工会社にしっかり伝わっているか何度も確認しましょう。
例えば、美容室で髪を切ってもらう時に、ヘアカタログや写真を見せますよね。
同様に、注文住宅でも理想とするイメージに近い住宅の写真や、施工事例を見せて伝えると良いです。

*施工のミスや不具合がある

施工中に、何度か現場に足を運び、写真や動画を撮ることで、ミス防止につながります。
施行中にミスが見つかった場合は、そこから修正も可能です。
不安を感じたら、すぐに相談するようにしましょう。

*追加工事で多額の工事費を請求される

追加工事が必要となった場合には、工事を依頼する前に「その工事は何のための工事なのか」、「どのくらいの費用がかかるのか」をしっかり確認しましょう。

□まとめ

今回は、注文住宅でよくあるトラブルと未然に防ぐポイントをご紹介しました。
注文住宅でのトラブルは、費用の面でも、今後の生活の面でも大きな問題となります。
そのため、施工会社とのコミュニケーションが最も大事と言えます。
他にも注文住宅での質問やご相談があれば、お気軽に当店までお声掛けください。

土地なしから注文住宅を建てたい方必見!流れとポイントをご紹介

「一軒家を建てたい」と思っていても、土地がないと家を建てることはできません。
そこで今回は、土地なしの状態から注文住宅を建てる流れと、そのポイントについてご紹介します。

□土地なしで注文住宅を建てる流れについてご紹介

土地なしで注文住宅を建てる際の流れは以下の通りです。

まず、生活イメージの構想と資金計画を立てます。
「どこで、どのような生活がしたいのか」のように、自分や家族のライフスタイルのイメージを構想しておきましょう。
イメージと合わせて、現在の貯蓄額や、住みたい場所の土地の相場なども調べておきましょう。
このように早い段階から資金計画を立てておくと、今後の作業がテンポよく進みます。

次に、土地と施工会社を探します。
土地は、インターネットやハウスメーカー、不動産屋で探せます。
土地の広さや場所、予算で絶対に譲れない条件をあらかじめ決めておきましょう。

また、土地と同時に施工会社を探すのがおすすめです。
というのも、建築基準法上の範囲内でイメージしていた建物を建てられるかの確認ができ、スムーズに進められるからです。

続いて、住宅ローンの事前審査を行います。
住宅ローンの借入先を検討して決定したら、必要な書類を提出しましょう。

審査が通れば、住宅のプランニングと見積もりを行います。
プランニングとは、どのような間取りや素材にするのかといった内容を指します。
それに伴う費用について見積もりをして、予算内で建てられるかを確認しましょう。

その後、土地と施工会社との契約を行います。
契約が完了すれば、建築確認申請と住宅ローンの申込みを行います。
建築確認申請とは、これから建てる住宅が建築基準法に反していないかの申請です。
申請が通ったら住宅ローンの本審査を行い、つなぎ融資が必要であれば借入をしましょう。

以上のことが終われば、いよいよ着工に移ります。
着工が終わり、完了後の検査、融資の実行に問題がなければ、ついに引渡しが行われます。

ここまでが、土地なしからの注文住宅の引渡しが行われるまでの流れです。
施工会社によっても異なりますが、1年〜1年半ほどの期間がかかると覚えておきましょう。

□土地を決める際に確認すべきポイントとは?

土地を決める際に確認すべきポイントは3つあります。

1つ目は、周辺環境の確認です。
病院や、スーパーが近くにあるかどうかは、暮らしやすさを決定します。
また子供がいる場合は、公園や学校との距離も確認しておきましょう。

2つ目は、風通しや日当たりです。
周辺に大きなマンションがあったり、隣が雑木林であったりする場合、風通しや日当たりが悪い可能性があります。
風通しや日当たりが悪いと、洗濯物が乾きにくくなり不便ですよね。

3つ目は、土地の安全性です。
川や海が近いのであれば、過去にその川が氾濫したことがあるのかどうかや、海抜の高さを調べておくと安心です。

□まとめ

今回は、土地なしから注文住宅を建てる流れとポイントについてご紹介しました。
土地なしの状態から注文住宅を建てる際は、是非今回の情報を参考にしてみてください。
この他にも、注文住宅を建てる際にご不明点やご相談がありましたら、お気軽に当社までお声掛けください。

注文住宅をお得に建てるために間取りを工夫して節約しよう!

注文住宅の購入をご検討中の皆さん、予算を節約できる間取り設計についてご存じでしょうか。
注文住宅を購入するには、多額の費用がかかるので、できるだけ予算を節約したいですよね。
そこで重要なのは、間取りを工夫することです。
今回は、注文住宅をお得に建てて、予算を節約するための間取り設計についてご紹介します。

□予算を節約するための間取りの工夫について

それでは、予算をおさえられる間取り設計について、3つのポイントをご紹介します。

*部屋の数を減らす

まずは、部屋の数を見直すことから始めましょう。
部屋の数が多いほど、それぞれの部屋に、照明や空調機が必要ですので、その分、建築コストも高いです。

例えば、大きな部屋であれば、照明も空調機も1つずつで済みますが、大きい部屋を2つの部屋に分断すると、設備の数も2つ用意する必要があります。

そのため、子供が複数人いるなどして、どうしても部屋を仕切る必要がある場合は、壁を作らずに、大きめの家具やカーテンを使用することも検討されると良いでしょう。

*キッチンとダイニングをつなげる

キッチンとダイニングをつなげることも、コストを抑えるための方法として挙げられます。

キッチンとダイニングが、それぞれ独立していると、その分の床面積だけでなく、仕切るための壁も必要です。
しかし、キッチンとダイニングを組み合わせることで、それらの建築コストを削減できます。

また、キッチンとダイニングの距離が近くなれば、料理の支度や、後片付けをする際も、移動距離が短くなるので、便利になるでしょう。
日々の家事が少しでも楽になって、予算も抑えられたら一石二鳥ですね。


□間取りを決める際の注意点について

間取りを考えるにあたって、注意するべきことは、動線を意識した設計を行うことです。
自分や、他の家族メンバーの行動パターンを考えて、それに適した間取りにすれば、実際に住み始めてからも、家族全員が快適に生活できるでしょう。

また、家事動線を意識した間取りにすることも重要です。
家事は、日常的に行うものなので、できるだけストレスなく、スムーズに行うことを意識しましょう。

このように、動線を意識した間取り設計が、快適な住空間の構築には必要です。

□まとめ

今回は、注文住宅にかかる費用をおさえるための間取り設計についてご紹介しました。
これらの知識をもとに、予算を上手に使って、家族で快適に生活できる、すてきなマイホームを設計してくださいね。
間取りの他にも、注文住宅について、ご質問等ございましたら、お気軽に、当社までご相談ください。

注文住宅で子供部屋はどうするべき?後から仕切りを入れる方法をご紹介

注文住宅を購入予定の皆さん、子供部屋の間取り設計はお済みですか。
まだ、お子様が小さくても、将来的に、子供部屋を作りたいという方も多いでしょう。
また、お子様が2人以上の場合は、子供部屋の仕切り方についても悩みますよね。
そこで今回は、注文住宅の子供部屋の仕切りについてご紹介します。

□後から子供部屋の仕切りを作るメリットとデメリットについて

それでは、子供部屋を後から仕切ることのメリットとデメリットについてご紹介します。

子供部屋を、後から仕切るメリットは、新築時にかかる初期費用をおさえられることです。
新築時は、土地の購入費など、さまざまな要素に、多額の費用がかかります。

そのため、少しでも、初期費用を抑えられるのは、1つのメリットと言えるでしょう。

さらに、最初から仕切らないことで、広い部屋として使えることもメリットの1つです。
お子様が小さいうちは、仕切りがない方が、お子様の様子を、まとめて確認できるので、便利でしょう。

また、掃除の際にも、部屋の出入りを行わなくて済みます。

一方で、デメリットとしては、将来的に、工事費用が必要になることが挙げられます。

お子様が大きくなってくると、追加の壁を建築する必要があるかもしれません。
そうなると、壁の建築費に加えて、照明やエアコンなどの追加設備の購入費も必要です。

そのため、新築を購入する際は、将来的に、追加の壁を建築することも見越した間取りにしておけば、今後に必要となる追加の建築費もおさえられるでしょう。

□壁以外で部屋を仕切る方法について

子供部屋を仕切るには、壁以外のものも使用できます。

例えば、カーテンを使用して、部屋を仕切る場合は、壁を建築するよりも費用を大幅におさえられます。
しかし、遮音性の低さが問題になりやすいでしょう。

そういった場合は、可動式の扉を設置することも検討してみてください。
可動式の扉であれば、固定式の壁ほどではありませんが、ある程度の遮音性を保ったまま、仕切りを作れます。

仕切りと収納を両立させたい場合は、家具を設置しても良いでしょう。
部屋の真ん中に、大きめのクローゼットを設置すれば、壁の代わりになるだけでなく、収納部分も増やせます。

家具を壁代わりに設置する場合は、あらかじめ、設置予定の家具の大きさも考慮した間取りにしておくと、スムーズに仕切りを作れるでしょう。

□まとめ

今回は、注文住宅の子供部屋の仕切りについてご紹介しました。
本記事のアイデアをもとに、将来的にも便利な、子供部屋を作りましょう。
子供部屋に関することでなくても、注文住宅に関して、ご質問等ございましたら、お気軽に、当社までご相談ください。