注文住宅に自然素材を取り入れるメリットとは?

注文住宅をお考えの方で、「自然素材を取り入れるメリットが知りたい」
「自然素材にはどのような種類があるのか分からない」
といったお悩みをお持ちの方はいませんか。
自然素材について気になっている方は多いのではないでしょうか。
今回は、注文住宅に自然素材を取り入れるメリットと各素材の特徴についてご紹介します。

□お家に自然素材を取り入れるメリットとは?

自然素材の家とは、仕上げの素材に石材や和紙といった自然の素材を使った家のことを指します。
自然素材を使うことによって様々なメリットがあります。

例えば、無垢の木材を使用したフローリングは、木材自体が調湿しているため、湿度が高い状況でもさらりとした感触がします。
冬場でも足元からの冷たさを感じにくく、季節に左右されることなく素足で快適に過ごせるでしょう。

また、湿度を調節し、嫌な臭いを吸収する効果もあります。
室内の仕上げ素材に、左官壁を使用すると調湿効果を発揮し、乾燥しすぎることを防いでくれます。
さらに、内装の色を自由に決められることもメリットでしょう。
無垢材と自然塗料を組み合わせることで、お好みのスタイルを演出できるはずです。

□それぞれの自然素材の特徴とは?

次に、当社の注文住宅で使用している素材を3つご紹介します。

*珊瑚漆喰(さんごしっくい)

珊瑚漆喰は珊瑚礁と漆喰を主成分として、ミネラル分を多く含んでおり、珊瑚特有の細かな空孔を持つ多孔質素材です。
そのため、湿気や臭いなどを吸着して、室内の空気を清浄し、マイナスイオンを発生させる機能を持っています。
そして、漆喰本来の抗菌作用により、ダニやカビを防ぎ、住まいに住むご家族の健康を守ります。

また、当社が採用しているコーラルペイント(CORAL PAINT)は沖縄の風化造の珊瑚礁と九州の田川産の漆喰を主原料とした塗壁材で、塗壁特有の価格の高さや工期の長さなどこれまでの塗壁の常識を覆した壁材があります。

ご家族の健康を考えたお家をお考えの方によっては塗壁がより身近なものになったので、かなりおすすめです。

*無垢材

無垢材とは、床や家具などに使用される素材で、原木を使った天然の木材です。
無垢材には断熱や保温効果があるため、1年を通して快適に過ごせます。
また、木に含まれる精油によってダニやカビの発生を抑えられ、空気を清潔に保てることがメリットでしょう。

□まとめ

今回は、注文住宅に自然素材を取り入れるメリットと各素材の特徴についてご紹介しました。
自然素材を使った注文住宅には、たくさんの魅力があることを理解していただけたでしょうか。
当社では、自然素材にこだわった家づくりを行っています。
注文住宅で何かお困りの方は、お気軽にご相談下さい。