注文住宅建設前に知っておきたい資金計画の立て方

「注文住宅を検討しているけど、どのような費用がかかるのか分からない」
「注文住宅における資金計画の立て方を知りたい」
といったお悩みをお持ちの方はいませんか。
今回は、事前に知っておきたい資金計画の立て方をご紹介します。

□注文住宅建設にかかる全体費用を把握しよう!

注文住宅をお探しの際に、坪単価がいくらかで表現されているものを見たことがあるのではないでしょうか。
しかし、坪単価はあくまでも建物自体の建築費のことであり、この費用だけで家が立つわけではありません。
主に家を建てる際にかかる費用は大きく4種類あります。

まず必要になるのは、土地購入費です。
土地購入費は、地域や立地よって変わってきますが、総費用のうちの大体25から30パーセントくらいが目安と言われています。
しかし、相続などによってすでに土地を持っている場合は、建築費用を大幅に抑えられるでしょう。

2つ目は建物の建設費です。
広さや間取りなど、それぞれの希望によって変わってくるため、事前にどれくらいの費用がかかるのか知っておく必要があるでしょう。

残る費用は、付帯工事費と諸経費です。
付帯工事費は、電気、ガス、水道といった整備費などのことで、諸経費は契約に関する手数料や印紙代、税金関係の費用です。

□資金計画の立て方とは?

次に、資金計画を立て方について3つのポイントをご紹介します。

*年収から試算

一般的に住宅ローンの年間の返済額は、年収の25パーセント以内であると安心と言われています。
これをもとに実際にいくらの借り入れができるのか計算してみましょう。
現在の年収だけでなく、今後の年収の推移も参考にすると良いかもしれません。
いくらなら無理なく借り入れができるのか考えてみましょう。

*現在の月々の支払額から試算

現在、賃貸住宅に住まれている方は、月々の家賃や共益費などにいくら支払っているか参考にしてみましょう。
これらの金額を参考に、月々どのくらいの住宅ローンの返済にあてられるのか考えましょう。
そして、その月々の返済可能額から逆算して考えると、いくらの借り入れが必要なのか分かり、無理のない資金計画を立てられます。

*お家を建てる総額から試算

先ほどもご紹介した通り、実際に家を建てるためには多くの費用がかかります。
これらの総費用をしっかりと理解した上で、資金計画を行う必要があるでしょう。

□まとめ

今回は、事前に知っておきたい資金計画の立て方をご紹介しました。
当社では、注文住宅の資金計画に関するご相談をお待ちしております。
注文住宅を検討されている方は、ぜひ一度、お気軽にご相談下さい。

住宅と家族の健康の深い関係とは?

みなさんは、住宅が家族の健康に大きな影響を与えることをご存知でしょうか。
理想のマイホームを購入する際、デザインや間取りなどを基準に選ばれる方も多いでしょう。
しかし、マイホームを選ぶ際は、快適に過ごせる住宅かどうかもポイントになります。
そこで今回は、住宅と家族の健康における関係性についてご紹介します。

□住宅の室温変化によって健康リスクが変わる!

まずは、住宅内の温度の変化によってどのような健康リスクがあるのかをご紹介します。

気温が高い夏に発症するものとして、熱中症がありますよね。
近年、熱中症は急激な気温上昇により、年々発症者数が増加しています。
熱中症は、屋外イベントや運動中などに発症するイメージがあるのではないでしょうか。

しかし、住宅内でも発症している人が多くいます。
特に暑い日になると、室内でも30度を超えることも多く、それに加えて湿度も高いとなるとかなり危険でしょう。
また、危険なのは昼だけでなく、夜寝ているときに熱中症になってしまうこともあるのです。

冬にも、住宅内で危険な現象が起こることがあります。
それは、ヒートショックです。
就寝するときは、暖房を消してから寝る方が多いのではないでしょうか。

布団の中は大体30度程度と言われています。
しかし、暖房をつけていない場合の部屋の温度は、10度前後であり、20度の温度差が生まれています。
この現象が、急激な血圧の上昇や低下など、健康に大きな影響を与えるのです。

□住宅内での健康リスクを下げるためには?

ここまでは、室温の変化によって、どのような健康リスクがあるのかをご紹介しました。
これらのリスクを回避するために、気密性と断熱性が重要です。

断熱性を高めることによって、外からの熱の侵入を防ぎ、熱中症対策につながります。
冷房や暖房の消費を低く抑えられるだけでなく、冷暖房を使わなくても住宅内の自然温度も維持できるため、健康リスクを抑えられるでしょう。

気密性を高めることで、住宅内に空気が留まりやすくなります。
そのため、少ない消費の暖房で十分に室内の温度が上がり、電気代などの費用も安く抑えられます。

また、暖房を使用していない廊下やトイレ、お風呂場などへの隙間風の侵入を防ぎ、大きな温度差が生じにくくなります。
その結果、ヒートショックのリスクを下げられるでしょう。

□まとめ

今回は、住宅と家族の健康に関する関係性についてご紹介しました。
住宅が家族の健康に大きな影響を与えることを理解していただけたでしょうか。
注文住宅に関して、何か分からないことや気になることがある方は、ぜひ一度お気軽にご相談下さい。

新型コロナウィルス

皆様ご存知でしょうか?

コロナショックにより、生産できなく供給量が少なくなると、需要に対してのバランスくずれますね。あらゆるモノの価値が上がるのですよ。
つまりインフレになるのです。例えばマスク1枚1円のマスクが1000枚20万円の価値がついた事は200倍のインフレになったのと同じです。

今後治療薬が、1年で開発されるとも言われています。

コロナウィルスと付き合っていかなければなりませんね。

国では今現在経済援助しています。

その影響は金利等の上昇が急に襲ってきます。

ご相談等ありましたらご連絡下されば幸いと思っております。