注文住宅の購入を検討中の方へ!インテリアを決めるためのポイントを解説します!

注文住宅の依頼をお考えで、インテリアについてお悩みの方はいらっしゃいませんか。
インテリアは住宅の空間を彩るため、注文住宅を検討する際にインテリアを決めることが大切です。
この記事では、インテリアを決めるためのポイントとインテリアコーディネーターに依頼するタイミングについて解説します。

□インテリアを決めるための4つのポイントとは

1つ目は、空間の主役を決めることです。
ソファーやテーブルのように、その部屋の空間で何を主役にしたいかを定めましょう。
そしてその主役のインテリアを生かすために、主役のインテリアと他のインテリアのバランスが良い間取りや配置を考える必要があります。
注文住宅を建てる際はどうしてもたくさんのインテリアを部屋の中に詰め込みたくなりますが、優先順位をつけ、シンプルな空間を心がけましょう。

2つ目は、収納です。
見せたいものと見せたくないものを分け、空間のバランスを保てるように収納を考えましょう。
空間をすっきりと見せるためには、収納棚や収納扉を目立たせないように床や壁と同じ色にすることがおすすめです。

3つ目は、色の決め方と効果です。
色選びは空間づくりの中でも非常に重要です。
部屋をどのように利用するのか、その部屋では何をして過ごすのかを想像しながらインテリアの色を選びます。
インテリアの主役を引き立てる空間にすることを心がけましょう。

そのためには、床や壁、天井の色を決めることが大切です。
これらは部屋に占める面積が多いため、色によって部屋の雰囲気が大きく変わります。
色は面積が大きくなると明るい色はより明るく、暗い色はより暗く見えるため、部屋の雰囲気づくりに床や壁、天井を上手に活用しましょう。

4つ目は明かりや照明です。
部屋を照らす照明も大切ですが、まずは自然光を取り入れる窓について考えるのがインテリアの基本です。
窓の大きさや形、そこから見える風景によっても部屋の印象は大きく変化します。
そのため、窓を考えた後に部屋を照らす照明の種類を検討しましょう。

□インテリアコーディネーターに依頼するタイミングとは

インテリアコーディネーターに依頼するタイミングは、早ければ早いほど良いです。
その理由は、早い段階から相談することで収納や間取り、内装の仕上げ材にも相談に乗ってくれるからです。
より早くから依頼することで様々な相談ができるため、自分の憧れの空間づくりが実現しやすくなります。
また、注文住宅が建ち、間取りや内装の仕上げも決まってから依頼する場合は、カーテンや家具、小物などの相談をインテリアコーディネーターにすることとなります。

□まとめ

今回は、インテリアを決めるためのポイントとインテリアコーディネーターに依頼するタイミングについて詳しく紹介しました。
全て終わった後で後悔しないために、インテリアのバランスはとても大切になります。
注文住宅を理想の空間にするようにぜひ参考にしてください。

注文住宅をお考えのみなさまへ!庭があるメリットをご紹介!


「住宅に庭をつくると生活はどのように変わるのだろうか。」
注文住宅の依頼をお考えで、住宅に庭をつくるかお悩みの方はいらっしゃいませんか。
この記事では、住宅に庭があるメリットと庭をつくる際に気をつけるべきポイントについて紹介します。
ぜひ参考にしてください。

□庭があるメリットとは

*ガーデニングと家庭菜園ができる

園芸や家庭菜園が趣味の方、または挑戦したい方には、庭をつくることをおすすめです。
自分で野菜や花を育てると愛着がわき、庭が華やかになります。
ただし、家庭菜園の際には芝生や砂利を敷くといった施工は必要ありませんが、土壌を改善するために改良剤を土に混ぜるため、最低でも20センチメートルほど土を掘り起こす必要があります。
そのため、掘り起こす際は埋設している上下水道管に注意しましょう。

*家族の憩いの場になる

住宅の庭は、お子さんの遊び場になります。
砂場や滑り台を設置することでお子さんが庭で遊べますし、芝生を敷くことで転んでも怪我のリスクが小さく済みます。
住宅のそばに遊び場があることでお子さんが遠くに行くことがないため、親にとっても安心です。
もちろんお子さんだけでなく、ペットの遊び場にもなります。

また、住宅に庭があることで、広々とホームパーティーやバーベキューができます。
リビングではどうしても入りきらない人数でも、開放感のある庭であれば窮屈感がなく楽しめます。

*換気や日当たり、見晴らしが変わる

庭をつくって家の周囲にスペースが生まれることで、十分な日当たりや風通しが確保できます。
家の大きさだけでなく、庭も含めた風通しや日当たり、見晴らしのような全体的なバランスが大切です。
以上のように、住宅の庭には趣味や遊びの場になるだけでなく、換気や日当たりも良くなるというメリットがあります。

□庭をつくる際に気をつけるべきポイントとは

1つ目のポイントは、駐車・駐輪の空間をきちんと確保するということです。
庭の大きさを決める際、庭を大きくしすぎたため自動車や自転車を置くスペースがなくなってしまう問題が発生するケースがあります。
したがって、自動車や自転車の置く場所を確保するように、バランスよく庭の大きさを決めましょう。

2つ目のポイントは、人が歩く動線を考えて設計することです。
動線が確保されていないと庭に入りづらくなり、やがて庭に行かなくなる可能性があります。
そのため、園路に沿って植木やレンガ、ベンチやテラスを設置することで庭が使いやすくなります。

これらのポイントを守り、庭のある豊かな生活を実現しましょう。

□まとめ

今回は、住宅に庭があるメリットと庭をつくる際に気をつけるべきポイントについて詳しく解説しました。
注文住宅に庭があることは多くのメリットがあるため、注文住宅の検討中の方はぜひ庭をつくることをご検討ください。

新築で漆喰をお考えの方へ!漆喰の費用をご紹介!

「漆喰壁の相場ってどれくらいなんだろう」
「漆喰の特徴について知りたい」
「漆喰のメリットって何かな」

このような疑問をお持ちの方に向けて、漆喰の特徴と施工費用の相場、またメリットについてもお伝えします。

□漆喰壁の特徴と相場とは

*漆喰壁の費用相場

漆喰壁を導入する際の費用の相場は、1平方メートルあたり4000円から7000円ほどです。
一般的な壁のクロスを塗装する費用相場が1平方メートルあたり1000円から1500円ほどであることを考えると、漆喰の施工費用は比較的高いことがお分かり頂けるでしょう。

しかし、後述しますが、長期的な目線で考えれば漆喰の方がコストパフォーマンスに優れているのです。

また、漆喰を塗装する前の壁の状態によって費用は変動します。
たとえば、元の壁のクロスをそのままにしておくのかそれとも剥がすのか、あるいは元の壁の下地はそのままで大丈夫なのかそれとも補修をしてから漆喰を塗るべきなのか。
これらの諸条件によって、実際の工事の費用は変わるわけです。
したがって、漆喰を導入しようと検討している方は、どれくらいの費用がかかるのか一度査定を依頼してみることをおすすめします。

*漆喰の特徴

漆喰は塗装の施工費用が高い分、それだけ多くのメリットがあります。

まず、漆喰は防火性・防水性・断熱性に優れています。

断熱性に優れているため、エアコンによってかかる電気代を節約できる他、防水性が高いことは住宅の劣化を抑制してくれます。
また、漆喰の不燃性は建築基準法の水準を満たしており、防火対策にもなるのです。

さらに、漆喰の強アルカリ性は消臭・防菌効果を持ち、暮らしやすさをサポートします。

これらのメリットから、漆喰は長年の間多くの神社やお寺やお城でも愛用されています。

もちろん、漆喰は成分的に優れているだけでなく、見た目が美しいことは言うまでもありません。

□漆喰は耐用年数が長い

先程、漆喰は工事の費用が高いことをご紹介しましたが、実は長い目で見れば漆喰の方が通常の壁と比べて安くなる可能性もあります。
なぜなら、漆喰は耐用年数が非常に長く、一度施工を行えば、基本的に塗り替えを行う必要がないからです。

通常の壁は、たとえ最初の施工費用が安くても、後から定期的に塗装をし直す必要があるため、後でランニングコストがかかってきます。
家の壁というものは長年使い続けるものですから、長期的に節約できる漆喰にもメリットがあるわけです。
家の壁をどう塗装するのか検討する際には、ぜひ長い目で捉えるようにしましょう。

□まとめ

漆喰の特徴と費用の相場、さらにそのメリットについてお伝えしました。
自然素材が好きな方にとって漆喰壁はぴったりの素材です。
当社では、快適で安心な住まいづくりのために、新琉球漆喰を使用しています。
お客様のニーズに合わせた家づくりを心がけておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

住宅に漆喰を取り入れるメリットとは?漆喰の効果をご紹介!

「漆喰ってどんなメリットがあるんだろう」
「漆喰ってどんな人におすすめなのかな」

このような疑問をお持ちの方に向けて、住宅に漆喰を取り入れるメリットや、漆喰が向いている人について解説します。

□漆喰のメリット

*費用対効果が高い

まず、漆喰はランニングコストに優れています。
漆喰は初期費用こそかかるものの、長期的に見れば他の種類の壁よりもコストパフォーマンスに優れています。
なぜなら、漆喰は耐久年数が非常に長く数十年間持つとも言われており、塗り替えを行う必要がないからです。

通常、壁というものは経年劣化していくものですから、定期的に塗り替えを行う必要があります。
壁の塗り替えにはそれなりの費用がかかるものですから、長く住む家であればあるほど漆喰を取り入れたほうがお得になるというわけです 。

*臭いや菌に強い

漆喰は強アルカリ性なので、カビや細菌を自然と分解してくれます。
そのため、人間の体臭や生活臭などのさまざまな部屋の臭いを消してくれる効果を持つのです。

*断熱性・防火性に優れている

漆喰は防火性・不燃性に優れています。
実際、漆喰は建築基準法の不燃性の基準を満たしているので、漆喰を採用すれば防火対策になります。

このように、漆喰には多くのメリットがあります。
昔から伝統的なお城や寺社仏閣でも漆喰が用いられてきた理由がお分かり頂けるでしょう。

□漆喰の家が向いている人とは

費用対効果や断熱性の面から、漆喰の家は全ての方におすすめできます。
ここでは、漆喰の家が向いている方をより具体的に解説していきます。

まず、アレルギー体質の方に漆喰は向いています。
漆喰には通常の壁にあるようなアレルギー物質は含まれておらず、むしろ他の建築材から出るアレルギー物質を吸収・除去する働きがあります。

また、家の中の臭いに敏感な方にも漆喰はおすすめです。
上記でご紹介した通り、漆喰には家の中の臭いを消す効果があります。
そのため、臭いに敏感な方にも漆喰は最適です。

そして、実は乾燥肌の方にも漆喰は向いています。
漆喰には、部屋の中の湿度を、人間にとって最適な状態で保つ効果があります。

湿度が高くなる雨季には水分を吸収し、逆に乾燥しがちな冬場などの乾季には水分を放出します。
したがって、肌が乾燥しやすい方や湿度を一定に保ちたい方にも漆喰は向いています。

□まとめ

住宅に漆喰を取り入れるメリットや漆喰の効果について解説しました。
なお、当社では琉球の塗壁である新琉球漆喰を使用しており、さまざまな自然素材を推奨しております。
お客様のニーズに合わせた住宅を提供しておりますので、お気軽にご相談ください。

新築のキッチンで後悔しないために!決め方のポイントをご紹介!

家事を行う方にとって、キッチンは毎日使う場所です。
そのため、毎日使うキッチンでの移動はなるべく楽にしたいですよね。
そこで今回は、新築を建てる際にキッチンでの無駄な移動を減らすためにはどうすれば良いのか、キッチン設計の際の注意点を解説していきます。

□キッチンは家事動線を意識して設計するようにしましょう!

新築でキッチンを設計する際の重要な決め方が、家事動線を意識するということです。
食器棚・冷蔵庫・食器洗浄機など、キッチンスペースに必要なものをどう配置するか、事前によく考えるようにしましょう。
考える際には、自分が実際に調理する際にどのように移動するのかを検討すると良いですね。

システムキッチンは、キッチンスペースに合うものなのか、食器棚・冷蔵庫・食器洗浄機などを置くスペースはあるかを確かめながら、どのように配置したら自分が過ごしやすいかを考えて設計するようにしましょう。

□キッチン設計での注意点とは?

キッチン設計で注意すべきことが、収納・ゴミ箱・コンセントの位置に気をつけることです。
それぞれについて具体的に解説していきます。

*収納スペースに気をつける

スプーン・フォーク・計量カップ・鍋など、料理の際には様々な器具が必要になってきます。
これらの収納スペースは、事前に確保するようにしましょう。
他にも、冷蔵庫に入れなくても良い食品を収納するためのスペースも作ると便利ですね。

*ゴミ箱置き場も決めておく

キッチンペーパーで拭いた際のゴミや食品を取り出す際に出るパッケージのゴミを捨てるために、キッチンの近くにはゴミ箱が必要になってきます。
実際にゴミ箱を配置した際に、移動時の邪魔になってしまったということがないように気をつけましょう。

*コンセントの決め方にも注意する

電子レンジや冷蔵庫は、コンセントから届く範囲でなければ配置できません。
コンセントの位置によって配置が決まるとも言えるので、慎重に考えましょう。
ウォーターサーバーや炊飯器、食器洗浄機など、自分の必要に応じてどれだけのコンセントが必要なのかも把握して決めることをおすすめします。

□まとめ

今回は、新築でのキッチンの決め方について、キッチン設計の注意点について紹介しました。
特に、収納やゴミ箱やコンセントの位置を考えて、使いやすいキッチンを設計しましょう。
当店では、「お客様にとって必要な家」をご提供することに尽力しております。
何かお困りごとがございましたらぜひお気軽にご相談ください

家づくりで自然素材をお考えの方へ!自然素材の特徴をご紹介します!

自然素材の家づくりをお考えの方にぜひ知っていただきたいことが、自然素材の特徴についてです。
そこで今回は、漆喰や無垢材のメリットとデメリット、「自然素材の家づくり」で起きる失敗例と対策を紹介していきます。

□漆喰や無垢材のメリットとデメリットをご紹介!

*漆喰のメリットとデメリットとは

漆喰の壁は、湿度を調整してくれる効果があります。
そのため、梅雨の時期のじめじめとした空気や冬期の乾燥を防げます。

他にも、漆喰は燃えない素材なので、防火の対策も行えます。

また、漆喰を塗った壁は徐々に硬くなっていきます。
そのため、劣化しにくく、見た目が塗りたての頃とほとんど変わらないことも魅力的です。

しかし、漆喰にもデメリットがあります。
それは工程が多いということです。
一般に使われているビニールクロスの施工より、工期が長く、工費も割高になってしまいます。
さらに、ひび割れしやすいというデメリットもあります。

*無垢材のメリットとデメリットとは

無垢材には、断熱や保温効果があります。
そのため、年間を通して快適に過ごすことができます。
また、無垢材には、ダニやカビの発生を抑える効果があります。
そのため、部屋を清潔に保てますね。

そして、漆喰と同様に湿度を調整してくれる効果も持ち合わせています。

デメリットとしては、天然の木材のため、乾燥により変形や変色してしまう点です。
しかし、十分に乾燥させて使用することである程度防ぐことができます。
また、自然素材なので、色にばらつきがあることは心に留めておきましょう。

□「自然素材の家づくり」で起きる失敗例と対策をご紹介!

「日々触ることが多いスイッチやドア周辺で、キズが目立ちやすくなってしまった」
このような失敗例があります。
その際の対策としておすすめなのが、床から腰高程度に張る別仕上げの壁である腰壁パネルで保護することです。

「自然素材でフローリングを作ったら、キズがたくさんついてしまった」
このような失敗例もよく聞きます。
その際には、なるべくキズが付きにくい自然素材を選びましょう。
自然素材は、種類によって表面の硬さ異なってきます。

□まとめ

今回は、漆喰や無垢材のメリットとデメリット、「自然素材の家づくり」で起きる失敗例と対策を紹介しました。
当社は、床、壁、天井で自然素材を使用しているため、住宅の性能には自信があります。
自然素材だけではなく、ニーズにあった住宅を提供することにも力を注いでいます。
お困りごとがある際はぜひご相談ください。

防犯対策はどうすればいい?注文住宅をお考えの方に向けてご紹介します!

新しい家に住むなら、安心安全に暮らしたいですよね。
その際、防犯対策が重要になってきますが、どのような点に気を付ければ良いのか分からないといった方は多いのではないでしょうか。
そこで今回は防犯対策について詳しくご紹介します。

□空き巣に狙われやすい環境をご紹介

しっかりとした防犯対策をするためには、空き巣に狙われやすい環境について知っておく必要があります。
ここではその環境をいくつかご紹介します。

まず、遮蔽物が多く見通しが悪いような場所が挙げられます。
庭に木を植える予定のある方や、高い塀やフェンスを設置される予定のある方は特に注意が必要です。

「高い遮蔽物があれば侵入しにくいのでは」と思われる方は多いと思います。
もちろん、侵入は難しいのですが、一度侵入してしまえば外部からの視界が遮断されるので犯行が容易になります。
意外にも狙われやすい環境であるため注意しておきましょう。

加えて、袋小路になっているような視界の悪い環境も同様の理由から危険があります。
狙われやすい環境に住宅を建てられる際はしっかりと防犯対策をしておきましょう。

次に公園が近くにある場所が挙げられます。
こちらも意外に思われる方が多いかもしれません。

一般的に、空き巣の犯行前は物件の下見が行われると言われています。
もし住宅の近くに公園があれば、特に不審がられることなく長時間周辺の環境を調べられますよね。
そのため、注意が必要な環境と言えるでしょう。

□やっておきたい防犯対策についてご紹介

先ほどは狙われやすい環境についてご紹介しました。
先ほどご紹介したような環境に家を建てられる方は、特に防犯対策に注意を払う必要があります。
ここでは、やっておきたい防犯対策をご紹介します。

1つ目は窓の対策です。
空き巣の侵入経路として多いのは窓からの侵入です。
戸締りに気を付けるのは当然のことですが、住宅を建てられる際に窓の配置についてよく検討しておくことをおすすめします。

特に、大きな掃き出し窓を設置される際は、周囲からの見通しが良く、住宅の敷地内を通らないと侵入できない場所に設置すると良いでしょう。
また、割れにくい加工が施されたガラスを使用するのもおすすめです。

そして、お風呂場やトイレのようなあまり人の目につかない場所に配置された箇所の窓は、格子を設置しておくことで侵入を防げる可能性があります。
場所によってそれぞれ工夫をしておきましょう。

2つ目は外回りの環境です。
視界の悪い環境であれば、カーポートの屋根やエアコンの室外機などを足掛かりとして、堂々と2階から侵入するケースも想定されます。
設計の段階でここまで意識される方はほとんどいらっしゃいませんが、なるべく足掛かりとならないような工夫をしておくことをおすすめします。

また、外回りの対策として砂利を敷き詰めるのは非常に効果的です。
砂利が敷いてある箇所を歩くと、大きな足音がしてしまいますよね。
加えて、人が近づくと光るセンサーライトも効果的です。
家に近づき辛い印象を与えるだけでも、防犯対策として効果的ですのでぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

□まとめ

今回は注文住宅をお考えの方に向けて、防犯対策についてご紹介しました。
本記事が、注文住宅をこれから建てられる方の参考になれば幸いです。

注文住宅をお考えの方へ!ワークスペースについて解説します!

リモートワークを行う企業が増えた結果、家で働く環境を整えなければならなくなった方は多くいらっしゃいます。
新しく家を建てられるのであれば、仕事ができる環境をしっかり整備しておきたいところです。
そこで今回は、集中して仕事をするためのワークスペースについて解説します。

□ワークスペースとは何か

そもそもワークスペースとは一体何なのでしょうか。
その名の通り、「仕事をする場所」としての活用法が主な用途です。

ただ、パソコンで調べごとをしたり、勉強をしたりとさまざまな用途があります。
書斎というと個室のタイプが多いですが、ワークスペースであればオープンタイプや半個室など、様々なかたちで住宅に取り入れられます。

ワークスペースのメリットとしては、趣味や仕事の作業に集中できること、オン・オフの切り替えがしやすくなることが挙げられます。
また、仕事専用のスペースを作っておけば、食事の際にいちいち場所を移したり片付けたりする必要がなくなるのでおすすめです。

最近ではリモートワークが増加しており、住宅内で仕事をされる方が多くいらっしゃいます。
そのような場合でもワークスペースがあれば周囲を気にすることなく仕事に集中できるでしょう。

□ワークスペースを設ける際のポイント

先ほどはワークスペースとは何なのかについてご紹介しました。
ただ、ワークスペースを設ける際にはいくつか気を付けておきたいことがあります。
そこでここからはワークスペースを作る際のポイントを紹介します。

まず、パソコンでの作業を想定されている方は、パソコンやその周辺機器が置けるスペースを確保する必要があります。
また、パソコンを使う場合は電源が必要となりますし、プリンターや無線ルーターといったようにコンセントが必要になる周辺機器が多いです。
そのため、コンセントの位置や数も確認しておきましょう。

次に、ワークスペースのデスクや椅子は長時間利用しても疲れにくいものを選ぶようにしましょう。
自分の身体に合ったものを選ぶことで、作業により集中できます。
できれば、事前にデスクの高さや座り心地などを実際に確認しておくことをおすすめします。

以上がワークスペースを作る際に考えておきたいポイントになります。
快適に仕事をするためにも、これらのことに注意して考えるようにしてみてくださいね。

□まとめ

今回は注文住宅をお考えの方に向けて、ワークスペースについて解説しました。
リモートワークが増加傾向にあるため、これから家を建てられるならばワークスペースは設けておきたいところです。
その際は、ぜひ今回ご紹介した内容を参考にしてみてくださいね。

注文住宅の窓の配置の決め方について詳しくご紹介します!

快適な家を実現するためには、風通しに配慮する必要があります。
その時重要になってくるのが「窓」です。
ただ、窓はそれほど重要視されることがないため、窓について深く考えたことのある方は少ないのではないでしょうか。
そこで今回は、快適な暮らしを実現するための窓の配置の決め方をご紹介します。

□窓の配置について

窓の配置には基本的な考え方があります。

まず、住宅の風通しを良くするためには1つの部屋に最低でも2つ以上の窓が必要になります。
窓が1つしかなければ、風が入ってきたとしても風の通り道がないため、空気がうまく循環しません。
そのため、室内に風の通り道を作る場合は、窓を向かい合わせの形にして設置することをおすすめします。

ただ、周辺の環境や間取り、立地条件によっては、向かい合わせに窓を作るのが難しい場合もありますよね。
特に住宅が密集しているような地域であると、大きな窓を設置するのはプライバシーや防犯の観点から難しいことがよくあります。

このような場合は、空気を通すための小さな窓の取り付けを検討してみてはいかがでしょうか。
例えば、細長い片開きの窓であれば、外部の視線をそれほど気にすることなく空気の通り道を作れます。

次に、方向について考えておきましょう。
日本では夏に南寄りの風が吹き、冬に北寄りの風が吹くと言われています。
風を取り入れる際はこのようなことも考慮して配置を決めていきましょう。

ただ、周囲の建物によって風向きが変わることもあるため、立地によって適切な配置が異なります。
お困りの際は、当社のような住宅会社にぜひ一度ご相談ください。

□窓の配置で失敗しないためのポイント

窓の配置で失敗しないためには、先ほどご紹介したことに加えて、注意しておきたいポイントが存在します。

まず、暮らしのイメージを具体化させておくことが挙げられます。
実際に住み始めてみないと分からないこともたくさんありますが、事前にしっかりと考えておくことが重要です。
すでに暮らしている住宅での風通しや採光の良かった点や不満点を踏まえて、新しい住宅の窓の配置を考えていきましょう。

次に、住宅会社とよく相談しておくことが挙げられます。
ここまでポイントについてご紹介しましたが、初めての場合一人で全てのことを完璧に考えるのは困難です。

そこで、住宅のプロである住宅会社にアドバイスを求めれば、より良い住まいを実現できる可能性がグッと高まります。
ぜひお気軽にご相談ください。

□まとめ

今回は注文住宅をお考えの方に向けて、窓の配置の決め方について詳しくご紹介しました。
快適な暮らしを実現するためには、窓の配置が非常に重要です。
当社では、お客様のライフスタイルに合わせた住宅を実現いたします。
暮らしやすい住宅を作りたいとお考えの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

おしゃれな外観にするためには?注文住宅をお考えの方必見です!

新しく住宅を建てるのであれば、おしゃれな住宅にしたいですよね。
特に他の方からも見られる箇所と言えば、外観です。
ただ、内装に比べて、外観をおしゃれにするためのコツはあまり知られていません。
そこで今回は、外観をおしゃれにするためのポイントを詳しく紹介します。

□外観をおしゃれにするためのポイント

住宅の外観の印象を決めるポイントがいくつかあります。
ここでは、そのポイントについて解説します。

1つ目に挙げられるのは家の形状です。
例えば、シンプルな形状の住宅はすっきりとするため、スタイリッシュな印象を与えられます。
一方で、デザインの凝った形状は豪華な印象を与えられます。
これらの形状は、住宅を和風にするか洋風にするかによっても大きく変わってきます。

また、建物の角の数でも印象は変わってきます。
例えば、L字型やコの字型のように角の多い形状の住宅は個性的な印象を与えられます。

2つ目に挙げられるのは窓の形です。
窓は採光や風通しといったような機能的な意味を持っていると同時に、外から見た時の印象を変える働きがあります。
窓枠のデザインや、窓の形状で外からの見た目が大きく変わります。

3つ目に挙げられるのは外壁の色です。
住宅を外から見た際に最も広い面積を占めるのは外壁ですよね。
そのため、外壁の色は外観の印象に大きな影響を与えます。

例えば、白系の色であれば明るく清潔感のある印象を与えられます。
グレーであれば、上品で落ち着いた印象を与えられます。

外観について考えられる際はぜひこれらのポイントに注意して考えるようにしてみてくださいね。

□外観のトレンド

先ほどはおしゃれな外観にするためのポイントを紹介しました。
ここからは、最近どのようなデザインが主流なのかについてご紹介します。

最近主流となっているのは、シンプルモダンな住宅です。
シンプルなデザインは主張が強くないため、他の住宅とデザインが被っていると思われることが少ないです。

ファッションであっても、個性的な柄の服のデザインが被ると目立ってしまいますが、シンプルな無地の服であれば被っていてもあまり気になりませんよね。
そのため、住宅街のような家同士が密集しているエリアで選びやすい外観デザインと言えます。

また、シンプルなデザインはどのような時代であっても安定して選ばれるため、流行が変わっても「時代遅れ」といったようなことにはなりません。
それゆえに、飽きにくく、長く愛される住宅になると言えるでしょう。

□まとめ

今回は外観をおしゃれにするためのポイントを詳しく紹介しました。
外観をおしゃれにしたい方は今回ご紹介したポイントをぜひ参考にしてみてくださいね。
当社ではお客様のご要望に合わせた家づくりを心がけております。
注文住宅にご興味のある方は、ぜひお気軽にご相談ください。