住宅に漆喰を取り入れるメリットとは?漆喰の効果をご紹介!

「漆喰ってどんなメリットがあるんだろう」
「漆喰ってどんな人におすすめなのかな」
このような疑問をお持ちの方に向けて、住宅に漆喰を取り入れるメリットや、漆喰が向いている人について解説します。
□漆喰のメリット
*費用対効果が高い
まず、漆喰はランニングコストに優れています。
漆喰は初期費用こそかかるものの、長期的に見れば他の種類の壁よりもコストパフォーマンスに優れています。
なぜなら、漆喰は耐久年数が非常に長く数十年間持つとも言われており、塗り替えを行う必要がないからです。
通常、壁というものは経年劣化していくものですから、定期的に塗り替えを行う必要があります。
壁の塗り替えにはそれなりの費用がかかるものですから、長く住む家であればあるほど漆喰を取り入れたほうがお得になるというわけです 。
*臭いや菌に強い
漆喰は強アルカリ性なので、カビや細菌を自然と分解してくれます。
そのため、人間の体臭や生活臭などのさまざまな部屋の臭いを消してくれる効果を持つのです。
*断熱性・防火性に優れている
漆喰は防火性・不燃性に優れています。
実際、漆喰は建築基準法の不燃性の基準を満たしているので、漆喰を採用すれば防火対策になります。
このように、漆喰には多くのメリットがあります。
昔から伝統的なお城や寺社仏閣でも漆喰が用いられてきた理由がお分かり頂けるでしょう。
□漆喰の家が向いている人とは
費用対効果や断熱性の面から、漆喰の家は全ての方におすすめできます。
ここでは、漆喰の家が向いている方をより具体的に解説していきます。
まず、アレルギー体質の方に漆喰は向いています。
漆喰には通常の壁にあるようなアレルギー物質は含まれておらず、むしろ他の建築材から出るアレルギー物質を吸収・除去する働きがあります。
また、家の中の臭いに敏感な方にも漆喰はおすすめです。
上記でご紹介した通り、漆喰には家の中の臭いを消す効果があります。
そのため、臭いに敏感な方にも漆喰は最適です。
そして、実は乾燥肌の方にも漆喰は向いています。
漆喰には、部屋の中の湿度を、人間にとって最適な状態で保つ効果があります。
湿度が高くなる雨季には水分を吸収し、逆に乾燥しがちな冬場などの乾季には水分を放出します。
したがって、肌が乾燥しやすい方や湿度を一定に保ちたい方にも漆喰は向いています。
□まとめ
住宅に漆喰を取り入れるメリットや漆喰の効果について解説しました。
なお、当社では琉球の塗壁である新琉球漆喰を使用しており、さまざまな自然素材を推奨しております。
お客様のニーズに合わせた住宅を提供しておりますので、お気軽にご相談ください。

家づくりコラムカテゴリの最新記事