新築のキッチンで後悔しないために!決め方のポイントをご紹介!

家事を行う方にとって、キッチンは毎日使う場所です。
そのため、毎日使うキッチンでの移動はなるべく楽にしたいですよね。
そこで今回は、新築を建てる際にキッチンでの無駄な移動を減らすためにはどうすれば良いのか、キッチン設計の際の注意点を解説していきます。
□キッチンは家事動線を意識して設計するようにしましょう!
新築でキッチンを設計する際の重要な決め方が、家事動線を意識するということです。
食器棚・冷蔵庫・食器洗浄機など、キッチンスペースに必要なものをどう配置するか、事前によく考えるようにしましょう。
考える際には、自分が実際に調理する際にどのように移動するのかを検討すると良いですね。
システムキッチンは、キッチンスペースに合うものなのか、食器棚・冷蔵庫・食器洗浄機などを置くスペースはあるかを確かめながら、どのように配置したら自分が過ごしやすいかを考えて設計するようにしましょう。
□キッチン設計での注意点とは?
キッチン設計で注意すべきことが、収納・ゴミ箱・コンセントの位置に気をつけることです。
それぞれについて具体的に解説していきます。
*収納スペースに気をつける
スプーン・フォーク・計量カップ・鍋など、料理の際には様々な器具が必要になってきます。
これらの収納スペースは、事前に確保するようにしましょう。
他にも、冷蔵庫に入れなくても良い食品を収納するためのスペースも作ると便利ですね。
*ゴミ箱置き場も決めておく
キッチンペーパーで拭いた際のゴミや食品を取り出す際に出るパッケージのゴミを捨てるために、キッチンの近くにはゴミ箱が必要になってきます。
実際にゴミ箱を配置した際に、移動時の邪魔になってしまったということがないように気をつけましょう。
*コンセントの決め方にも注意する
電子レンジや冷蔵庫は、コンセントから届く範囲でなければ配置できません。
コンセントの位置によって配置が決まるとも言えるので、慎重に考えましょう。
ウォーターサーバーや炊飯器、食器洗浄機など、自分の必要に応じてどれだけのコンセントが必要なのかも把握して決めることをおすすめします。
□まとめ
今回は、新築でのキッチンの決め方について、キッチン設計の注意点について紹介しました。
特に、収納やゴミ箱やコンセントの位置を考えて、使いやすいキッチンを設計しましょう。
当店では、「お客様にとって必要な家」をご提供することに尽力しております。
何かお困りごとがございましたらぜひお気軽にご相談ください

家づくりコラムカテゴリの最新記事