注文住宅を建てる際に知っておきたい!費用を抑えるポイントとは?

注文住宅の購入をご検討中の皆さん、費用をおさえるためのポイントをご存じですか。
注文住宅の購入には、多額の費用がかかるので、できるだけコストダウンしたいですよね。
しかし、正しい知識を持っていないと、必要な費用を切り捨てる可能性もあります。
そこで今回は、注文住宅の費用をおさえるポイントをご紹介します。
□建物の形や規模を工夫することによるコストダウン
はじめに、家の形や規模を工夫することによるコストダウンの方法をご紹介します。
家の形ですが、より費用をおさえられるのが総2階と呼ばれる形です。
総2階の建物は、1階と2階の面積がほぼ同じです。
そのため、複雑な施工を要する建物と比べると、構造部分や屋根にかかるコストをおさえられます。
また、シンプルな構造ゆえに、耐震性が上がることもメリットと言えるでしょう。
外壁面積に関しても、コストカットにつなげる方法があります。
まず、外壁の凹凸をできるだけ無くすことによって、外壁面積を減らせます。
そして、外壁面積が減れば、使用する壁材や塗料も少なくて済むので、結果的に、コストカットにつながります。
万が一、予算がオーバーしてしまった時は、もう一度、各間取りの広さを再確認して、本当にそれだけの面積が必要なのかを再検討してください。
この他にも、床面積を減らすこともコストカットに有効な方法でしょう。
床面積が減少すれば、材料費や施工費もおさえられます。
さらに、間取りを見直すことで、無駄なスペースを省き、メンテナンスもしやすいというメリットがあります。
□収納の工夫でコストダウンする方法について
上記でご紹介した方法以外にも、収納部分を工夫することで、全体の施工費をおさえられます。
例えば、ウォークインクローゼットを家の中に作れば、それぞれの部屋に、クローゼットを作る必要はありません。
そして、ウォークインクローゼットによって、棚や扉の数を減らせるので、コストカットが可能です。
さらに、何かを探す際も、家のあらゆる場所を探す必要がなくなるうえ、衣類の整理整頓がしやすいというメリットもあります。
家族のものを1つの場所にまとめて保管できるのは便利ですよね。
このように、大容量の収納スペースは、予算をおさえられるだけでなく、機能性も高いです。
そのため、靴を収納するシューズクローゼットや、食料品を貯蔵しておくパントリーを、それぞれ玄関やキッチンの近くに設置することも検討されると良いでしょう。
□まとめ
今回は、注文住宅の費用をおさえるポイントをご紹介しました。
これらの情報を参考にされたうえで、注文住宅の購入価格をおさえられるか試してみてください。
費用をおさえるポイントの他にも、注文住宅購入に関して、ご不明点などがございましたら、お気軽に、当社までご相談ください。

家づくりコラムカテゴリの最新記事